連載
» 2012年12月04日 11時00分 UPDATE

20代にしておきたい17のこと:20代で読んでおきたい17冊、それは (1/3)

忙しいように見えて、実はいちばん自由な時間がある20代。大勢の人と会う、映画を観るなど、人生を変えるきっかけはいくつかあるが、そのうちの1つは本を読むこと。時間がないことを読めない理由にせず、自分の栄養になりそうな本に出合うことをおすすめします。

[本田健,Business Media 誠]

20代にしておきたい17のこと:

ks_honda20_190.png

 この連載は書籍『20代にしておきたい17のこと』(だいわ文庫)から抜粋、再編集したものです。

 20代はいろいろと迷い、悩んでいるうちに、一瞬にして過ぎていきます。若さからくる希望にあふれ、ワクワクしながら自分の夢に向かうことができます。その一方で、感情という波に振り回されて落ち込んだり、自分を嫌いになったりして、時には絶望を感じることもあることでしょう。たとえどんな状態でも、それらはすべて人生の栄養になっていきます。20代という瞬間を、精いっぱい楽しんで過ごしてください。

ベストセラー作家の本田健が「20代にやっておけばよかった」と思うことを、30代より上のあらゆる世代の人にインタビュー。この10年でしておくべき17のことを、自身の体験も交えながら紹介します。


著者プロフィール:

本田健(ほんだ・けん)

 神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、今までに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。

 『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)をはじめとする著書はすべてベストセラーで、これまでに70作品以上を出版し、累計部数は500万部を突破。現在は、執筆活動、講演会やセミナー、ポッドキャスト、各業界のトップランナーとの対談した内容をまとめたオーディオ教材など、さまざまなメディアから、「人生を幸せに豊かに生きる知恵」を伝えている。

 本田健の公式Webサイト「幸せな小金持ちになるホームページ」、各業界のトップランナーと対談「アイウエオーディオ倶楽部


20代の読書のしかたで、今後の人生が決まる

 「若いときにもっと本を読んでおけばよかった」というのは、よくいわれることです。

 人生を変えるきっかけというのは、そんなにバリエーションはありません。劇的なものでは、肉親や自分の病気、あるいは身近な人の死、リストラなどがあるでしょう。

 私の場合でいうと、人と会ったとき、本を読んだとき、あるいは映画を観たときの3つが、特に大きかったということができます。

 その3つのうち、人と会うというのは案外効率が悪くて、「すごい!」と思うような人はさほど多くありません。有名人やお金持ちの人でも、一緒に話をしてみると「何この人?」ということもあります。全然尊敬できなかったり、話がかみ合わなかったりということが少なくないのです。私の経験では、有名な人で、実際に会ってみるとがっかりするケースは、半分を超えるのではないかと思うほどです。

 それに比べると本は「当たり」が多く、たとえはずれたとしても、それにかかった時間とお金はたかがしれています。

 20代のときに出合った本で、いまでも人生に影響を与えてくれているものは、すぐにでも何冊も挙げられるほどです。

 そういう意味では、自分の人生を大きく変えてくれる本といかに出合うかというのは、とても大事なことだと思います。

 自分の経験で振り返るなら、20代には、とにかく自分の栄養になりそうなものを読んでいくことをおすすめします。

時間がないことを読めない理由にしない

 私が20代のときには、本は手当たり次第、推理小説からミステリー、ビジネス、自己啓発に宗教書など、本なら何でも読みました。

 20代でも、始めと終わりとではその忙しさも違いますが、それでも、30代、40代になって振り返ると、20代には自由時間がたくさんあります。

 例えば、子どもと一緒にいる時間やパートナーと一緒の時間を考えても、20代以降に自分だけの時間はそう取れなくなります。

 20代は忙しいようで、いちばん時間の自由がある時代でもあるのです。

 つい忙しくて読む時間がないと思いがちですが、テレビを見るだけじゃもったいない。何を優先するかだと私は思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -