連載
» 2013年08月30日 09時00分 UPDATE

3分LifeHacking:職場で「伝える力」を養うための3つのコツ (1/2)

自分が職場の同僚と同じ空間にいると感じられない──。考えを伝えられないと悩んでいるとしても、それはあなた1人だけではありません。

[Thorin Klosowski(訳:駒場咲),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 職場でのコミュニケーションスキルを向上させ、同僚に話を聞いてもらえるようになるには、どうすればいいのでしょうか。

 同僚とうまく意思疎通を図る方法を探すのは、それだけで骨が折れるものです。まったく同じ人がこの世に存在しないように、1つ1つの職場もそれぞれ異なりますが、問題の根本に横たわる「ありがちな間違い」を克服する方法を紹介しましょう。

shk_lh01.jpg

1.職場環境を正しく判断し、それに沿ってコミュニケーションを取ろう

 まったく同じ職場は2つとありません。それぞれの会社にはそれぞれの職場環境があり、そこで働く期間が長くなるにつれ、人は現職で必要なコミュニケーションスキルを身に付けていきます。ですが、どのようなコミュニケーションが求められているかは、その場の雰囲気で決まります。

 まずは職場や相手、状況に応じて、それぞれ違うコミュニケーション方法があることを理解しておくべきでしょう。メールや対面、会話、電話、インスタントメッセージなど手段は瀧にわたります。US Newsの記事(英文)によると、同僚との間で正しいコミュニケーション方法を見つけられないことがよくある間違いとして挙げられるようです。コミュニケーションの相手を尊重し、その人が望むコミュニケーション方法で意思疎通を図りましょう。

 そして、どう接したらいいか迷ったら、率直に聞いてみればいいのです。99U(英文記事)には、正しいコミュニケーション方法を見つけて実践することの意義が以下のように書かれています。

 人はそれぞれ、自分が自然だと思うコミュニケーション方法を持っています。ただチームで働くときは、メンバーがどういったコミュニケーションを快適だと感じるか、あらかじめ理解しておくといいでしょう。そのためには、コミュニケーションの“きっかけ”を共有しておくのも1つの手です。

 例えば「1週間会社を休む場合は、その2〜3日前に仕事の状況を報告してくれ」だったり「遅れそうなときは、できる限り早く知らせてほしい」だったり。特定の事柄に関してコミュニケーションを取らないように頼むのもいいでしょう。「プリンタのことで僕のアドレスをCcに入れないで」だとか「自分で解決できることは、いちいち報告しなくていいよ」だとかも大切なメッセージです。

 コミュニケーションが足りない人もいれば、取りすぎる人もいます。そのバランスを取るのは確かに困難ですが、話し合いの時間を持つと長い目で見ると良いコミュニケーションを取れるようになるものです。

       1|2 次のページへ

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -