レビュー
» 2013年11月06日 11時00分 UPDATE

仕事耕具:Amazonでポチれるパイロットの1000円万年筆「kakuno」が、すげーよかった件

カラフルでカワイイ。使った瞬間に「スラスラ書けるってこういうことなんだな」っていう快感がある。そして1000円という安さ――。こんな万年筆、使ってみたくない?

[山田胡瓜,Business Media 誠]

 サラッと落書きしたりデッサンするのに万年筆がほしいなぁと思っていた。が、万年筆は趣味の文具という感じで価格もちょっと高い。安いものでも3000円ぐらいするから……と買うのを渋っていたら、こんな素敵なものが出た。

Photo こんなポップな見た目でしっかり万年筆なのだ

 万年筆の老舗、パイロットの子供向け格安万年筆「kakuno(カクノ)」。お値段1000円ナリ。安い……! いつのまにかAmazonでも買えるようになっていた。

Photo 落書きがはかどる

 細字と中字の2種類があって、両方そろえても2000円だ。価格を抑えるために簡素なプラスチックボディを使っているようだが、ネットの感想などを見るに、ペン先の品質はなかなかのもののようだ。高級感はないけど、カラフルでカワイイ。そんなわけで両方買って使ってみたんだけど……めちゃくちゃ良かった。

Photo ペン先にはスマイルマーク。子供向けの文具らしい工夫
Photo グリップが3角形になっていて持ちやすい

 万年筆の世界には全然詳しくないので、LAMYのSafariと比べてどうだとかそういう話はできない。でも、使った瞬間に「スラスラ書けるってこういうことなんだな」っていう快感があって、勝手に一人で感動してしまった。

Photo 中字の方がヌラヌラ描けて好み。細かい書き込みは細字がよさげ
Photo 本件と関係ないけどジョブズの映画見てきた。「そこで終わんのかよ」っていう感じだった

 別にボールペンだってサインペンだってスラスラ書けるだろ、といわれるとそうなのだが、万年筆というのは「スラスラ」の感覚が違う。インクが「外に出たがっている」ような感じだ。羽のような軽さで線がサラサラサラ〜と出てきて、インクの「外に出たいよー」っていう声に合わせて自然と手が動き、リズムが生まれる。ペンを走らせるのが楽しくなってくる。

Photo 上が中字(M)、下が細字(F)

 絵を描くときだけでなく文字を書くときも、このスラスラ感が心地よい。実用性で言えばボールペンなどのほうが安くていいのだが、もうちょっとだけお金を払うことで、スラスラ書ける気持ちよさや書くときの音といった「書く楽しさ」を味わえた。なんかポロポロっとアイデアが出そうな気がする。……ちょっとほめすぎか。

 ちなみに細字(F)と中字(M)の2種類のうち、個人的なオススメは中字。スラスラ加減がぜんぜん違う。細字も気持ち良く書けるが、中字のほうが線があふれる感じだ。お絵描き用にと考えている人は細いペン先を好むかもしれないが、ペン先が太いものも試してみるといいと思う。

Photo 6色をラインアップ。それぞれ細字と中字を選べる

※この記事は、「山田胡瓜@kyuukanbaのブログ」より転載、編集しています。


著者プロフィール:山田胡瓜

 月刊アフタヌーンの漫画新人賞「アフタヌーン四季賞2012年・冬」で四季大賞を受賞。ライター兼漫画家として活動中。ITmedia PCUSERで掌編漫画「バイナリ畑で捕まえて」を連載。Twitterは@kyuukanba


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ