連載
» 2014年03月03日 12時00分 UPDATE

3分LifeHacking:花粉症のお供に、デスク上で使えるトイレットペーパーケース3選

ティッシュペーパーの代用としてデスク上でトイレットペーパーを使うのに適したケースを3種類紹介する。花粉症などで鼻をかむのが追いつかない人にとっては便利なアイテムだ。

[kizuki,Business Media 誠]
shk_t01.jpg

 今年も花粉のシーズンがやってきた。鼻をかむのにティッシュペーパーだけでは追いつかず、トイレットペーパーをまるごと代用に使っているという人も、オフィスによっては1人2人はいるのではないだろうか。

 もっとも、トイレットペーパーを使うのはありだとしても、オフィスのデスク上にトイレットペーパーをむき出しで放置するのは、さすがに違和感がある。こうした場合は、トイレットペーパーをデスク上で使えるケースに入れて使用するとよい。見た目もよくなるし、カットしやすくなる利点もある。普段使いにも重宝するはずだ。

 これら製品は、通販サイトでも「トイレットペーパーホルダー」や「ロールペーパーバッグ」などのキーワードで検索すると大量にヒットするなど、隠れた人気ジャンルといえる。今回は、使い方がそれぞれ異なる、3種類のトイレットペーパーケースを紹介しよう。

シンプルイズベストな「ロールペーパーホルダー」

 「ロールペーパーホルダー」は、ロールペーパーやトイレットペーパーをセットして使えるスタンダードな形状のホルダーだ。内側に軸受けが付いているので、本体を左右に開いてトイレットペーパーをセットするだけで使用できる。カッターが付いているわけではないので、ちぎるためにはもう一方の手で本体を押さえてやる必要があるが、ペーパー本体を隠すのが目的であれば十分だ。


shk_t11.jpgshk_t12.jpg 製品本体。ホワイトのほかオレンジ、グリーン、ブルー、ピンク、ブラックをラインアップしたいる。軸受けの役目を果たす突起が内側についているので、そこにトイレットペーパーの芯を合わせてセットする

製品名 実勢価格 発売元
ロールペーパーホルダー 808円 伊勢藤

トイレットペーパーの芯を抜き中央から引き出して使う「umbra CASA」

 「umbra CASA」は、家の煙突の形状を模したケースだ。さきほどの製品とは異なり、トイレットペーパーの芯を抜いてセットし、内側から引っ張り出して使用する。セットした紙の高さを自由に調節できるストッパーが付属しており、トイレットペーパー以外にポケットティッシュなどをセットして使うこともできる。


shk_t21.jpgshk_t22.jpg 製品本体。家の煙突を模した形状。ホワイトのほかブラック、アボガド(黄緑)をラインアップしている。ゴム足のついたストッパーが付属し、本体の内部で四隅に突っ張ることでペーパーの脱落を防げる。またポケットティッシュをセットした場合に高さを調節できる

製品名 実勢価格 発売元
CASA 630円 umbra

普段はキャビネットの中に片付けておける「TRUNKIN ロールペーパーバッグ」

 「TRUNKIN ロールペーパーバッグ」は、アウトドアで使えるロールペーパーバッグだ。先に紹介した2製品と異なり、持ち歩いて使うことを前提としており、フックに引っかけて使うことも可能。デスク上に常時出したままにしておくのではなく、未使用時はキャビネットの中に片付けたいのであれば、こちらの製品のほうがよいだろう。


shk_t31.jpgshk_t32.jpg 製品本体。色は写真のスカイブルーのほか、カーボングレイ、オレンジをラインアップする。本体は潜水服などに使われるネオプレーン製。先ほどの製品と同様、芯を抜いて内側から使う方式

製品名 実勢価格 発売元
TRUNKIN ロールペーパーバッグ 1418円 ハイマウント

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -