レビュー
» 2014年05月22日 11時00分 UPDATE

スマホで始める名刺管理2014:アプリ連携で“Evernote使いの名刺管理”がワンランクアップ――「Cardful」

アプリで撮ってテキスト化した名刺データをEvernoteに保存でき、Evernoteで編集した名刺データをアプリに反映させられる――。こんなEvernote+αの名刺管理を可能にするのがCardfulだ。

[後藤祥子,Business Media 誠]

スマホで始める名刺管理2014

Photo

 きちんと整理したい、いつでもすぐ取り出せるようにしたい――。こう思っていながら、手つかずになりがちなのが名刺管理だ。せっかく始めても、“続けられない”という次なる落とし穴が待ち構えている。

 「始められない」「続けられない」理由の1つが、管理や整理に手間がかかるところ。しかし、この課題の多くがスマートフォン対応の名刺管理サービスで解決できるのをご存じだろうか?

 本企画では、簡単に導入できて、気負わず使い続けられる名刺管理アプリをピックアップして紹介する。新たな人間関係が広がる新年度に、ぜひ試してほしい。


Evernoteで名刺を管理できる「Cardful」

Cardfulのよいところ

  • 取り込んだ名刺データをEvernoteと同期できる。
  • Evernoteでデータを編集すればアプリ側の情報も修正される
  • Evernoteに保存した名刺画像の情報をOCRでテキスト化できる
  • 名刺データにラベルをつけて管理できる
  • 名刺データにメモを貼れる

Cardfulの課題

  • Android版アプリがない
  • 名刺によっては誤認識が散見される
  • 1カ月10枚以上の名刺の取り込みは有料

 テキストから画像、音声までさまざまなデータを保存できるクラウドサービス「Evernote」。ここにデータを保存しておけば、いつ、どこからでも、PCやスマートフォン、タブレットから必要な情報を呼び出せる便利なサービスだ。今やビジネスパーソン必携ともいえるこのサービスを使って名刺データを運用・管理できるのが「Cardful」だ。

 Cardfulを起動し、スマホのカメラで名刺を撮影すると、名前や会社名、部署、所在地、電話番号、メールアドレスなどの名刺データがOCR(光学文字認識)を使って自動でテキスト化される。名刺の画像とテキストデータはアプリ内だけでなく、Evernoteに同期(保存)することが可能。PCを使っている時はEvernoteから、スマホやタブレットを使っている時はCardfulアプリから、名刺情報を呼び出せるというわけだ。

Photo Cardfulのアプリ画面。電話アイコンをタップすると電話をかけられ、メールアイコンをタップするとメール作成画面が起動する
Photo スマホで名刺を撮影して角を合わせて「完了」を押すと名刺がトリミングされる(画面=左)。トリミング画面で右上の「完了」を押すと(画面=中)約2〜3秒で名刺データがテキスト化される(画面=右)

 アプリ上の名刺データには、名刺の持ち主がどんな人で、いつどんなタイミングで名刺を交換したのかを思い出しやすくするためのメモやタグを付けられる。タグはEvernoteで作成したものを使えるのが気が利いているところ。また、アプリ上の電話番号をタップすると電話をかけられ、所在地をタップすると地図アプリが起動するなど、スマートフォンの各種機能と連携しているのも便利な点だ。

 難点を挙げるとすれば、名刺によっては誤認識が散見されるところ。人の手や目を介した入力ではないので、ここはある程度の割り切りが必要だ。ただ、PC上のEvernoteから誤認識された部分を編集すれば、アプリ側の名刺情報に反映されるので、修正は比較的簡単だ。

 また、Evernoteに名刺画像を保存しているなら、Cardfulと同期させることでOCR機能を使った名刺データのテキスト化が可能だ。名刺画像をEvernoteのCardful用ノートブックに移すと、アプリ側で自動認識が行えるようになり、テキスト化されたデータがアプリとEvernote上に保存される。

 利用にあたってはEvernoteのアカウントが必要で、無料で使えるのは1カ月10枚まで。名刺の登録枚数制限を解除するには1200円が必要だ。

Photo 名刺データにはメモやタグを付けられる。タグはEvernoteで設定したものを使える
Photo アプリ上のアイコンをタップすると電話をかけたり地図を起動したりできる
sa_cf05.jpgPhoto Evernote上でテキストデータを修正すると、アプリ側のデータに反映される

Photo Evernoteに保存している名刺画像をCardful用のノートブックに移動し、アプリと同期すると、アプリ側でテキストデータを生成できるようになる
Photo Evernote上の名刺画像がアプリに保存されると数字付きアイコンが現れる。タップすると2〜3秒でデータ化が完了する
Photo アプリ側で生成したテキストデータはEvernoteにも保存される
photo Cardfulをダウンロードする

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -