ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名刺管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名刺管理」に関する情報が集まったページです。

シヤチハタ社長インタビュー:
なぜ、”ハンコ屋”のシヤチハタが「よその会社のDX」を支援するのか? 社長に聞いてみた【後編】
かつてスタンプ型ネーム印「シヤチハタ」でビジネスシーンに大きな変化をもたらしたシヤチハタ。ハンコ文化にイノベーションを起こした同社は現在、中小企業を対象にしたDX支援を展開している。なぜ老舗文具メーカーが「よその会社」のDXを支援するのか。(2024/3/15)

名刺管理「Sansan」不正アクセスし閲覧 容疑の不動産販売会社員の男逮捕 営業に利用目的か
法人向け名刺管理システム「Sansan」の運営会社社員になりすまし、利用者からIDとパスワードを入手してシステムに不正アクセスしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反の疑いで、不動産販売会社「GRANDCITY」社員、片岡和真容疑者(37)=東京都台東区小島=を逮捕した。容疑を否認している。(2024/2/9)

ARR50億円超のBill One 「インボイス特需」後、次の一手は
Sansanが提供する請求書受領サービス「Bill One」の勢いがすさまじい。「インボイス特需」は一服したように見えるが、実態はどうなのだろうか。事業責任者に聞いた。(2024/2/5)

セキュリティニュースアラート:
Sansan、脅威検知の拡大に向けてSIEM「Splunk Enterprise Security」を導入
SansanはSIEMソリューション「Splunk Enterprise Security」を導入した。個人情報や請求書情報へのサイバー攻撃対策と脅威検知の高度化を目指したとしている。(2024/2/2)

その作業ムダムダ:
会議の資料をわざわざ出力 「紙への郷愁」そろそろやめませんか
とにかく「紙」であることを重要視する職場があります。「わざわざ出力」は私たちを苦しくさせるムダ作業だと言わざるを得ません。(2023/12/30)

Sansan「名刺納め祭」に終止符 デジタル化で変わる名刺交換の風景
Sansanは、12月13〜14日に神田明神(東京都千代田区)で「Sansan 名刺納め祭 THE FINAL」を開催した。今年が最後の開催になるというが、その理由は。(2023/12/19)

業績は右肩上がり:
「営業活動はSalesforceで全て完結」 ツール活用を100%社員に徹底させる方法
(2023/12/15)

「とりあえずツール導入」する営業組織は失敗する “オレ流”を見える化する最初の一歩
(2023/12/14)

ビル点検員に変装→オフィスにラズパイ持ち込んで社内システム侵入 Sansanが本当にやった“何でもアリ”なセキュリティ演習
標的型攻撃メールから物理侵入まで、Sansanが本当にやった何でもアリなセキュリティ訓練。携わってメンバーに話を聞いた。(2023/12/26)

退職者の名刺から「1億円の商談」に 創業130年の酒造メーカーの意識改革
すでに退職者した人が交換した名刺が、年間1億円の取引につながるきっかけとなった――創業130年を超える老舗酒造メーカー、梅乃宿酒造で何が起きたのか。(2023/12/11)

「やる気◎センス×」営業マンを応援:
鬼に金棒? オープンハウス「最強飛び込み部隊」が持つ“とんでもない地図”の正体
2023年9月期決算で「売上高1兆円」を突破し、話題を集めたオープンハウス。同社の「飛び込み営業」チームでは、“独自の地図”を開発し、効率的に営業活動を推進しているという。(2023/12/5)

山浦恒央の“くみこみ”な話(171):
イチから全部作ってみよう(2)ワインのECサイトを作るためにイメージを深めよう
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶシリーズ「イチから全部作ってみよう」。第2回は準備編として、開発対象となるワイン販売用のECサイトのイメージを深める。(2023/11/16)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
生成AIでさらに「進化」 単なるチャットツールから脱却したビジネスチャットの“裏側”に迫る
すっかり仕事に欠かせない存在となったビジネスチャットツール。シンプルなチャット機能という従来の姿から機能拡張によって「進化」を遂げたビジネスチャットツールは、生成AIの組み込みによってどう変わるのか。その“裏側”をみてみよう。(2023/10/27)

「名刺忘れちゃいまして」はもう起きない:
Sansanが「名刺のない世界」を目指すワケ 脱・紙に向けた新サービス発表
Sansanがスマホをかざすだけで名刺交換ができる「タッチ名刺交換機能」を発表。名刺交換がスマホで完結するということは、紙の名刺が必要なくなるということ?(2023/10/6)

ITmedia Security Week 2023 秋:
「変わらない」と思い込んでるセキュリティの常識、実は変わってきてない? 根岸氏、辻氏、piyokango氏が問う
2023年8月に開催された「ITmedia Security Week 2023 秋」において、セキュリティリサーチャーであり、そしてポッドキャスト「セキュリティのアレ」で活躍する、インターネットイニシアティブの根岸征史氏、SBテクノロジーの辻伸弘氏、そしてpiyolog主宰のpiyokango氏の3人が集い、「脅威と人の変化と不変」と題してパネルディスカッションを行った。(2023/9/29)

名刺アプリ「Eight」、スマホをかざして名刺交換が可能に
Sansanは、キャリアプロフィール「Eight」を名刺アプリ「Eight」へリニューアル。スマートフォン同士をかざせば名刺交換が完了する新機能「タッチ名刺交換」を提供する(2023/9/26)

SaaSを身近にする1日:
PR:「SaaSに浸るイベント」に行ってきた! “おしゃれ空間”で語り合う将来像 AI活用の可能性を見た!
(2023/9/22)

「Sansanやばいんじゃ?」 名刺交換減少の逆境をどう乗り越えたのか
Sansan(東京都渋谷区)は紙の名刺を読み取り、クラウド上でデータを管理する「クラウド名刺管理サービス」を提供する企業だ。コロナ禍で名刺交換が減ったにもかかわらず、実は同社は堅実に成長してきている。同社はいかにして変革を成し遂げ、苦境から脱したのか。コロナ禍を切り抜けた今、次に打つ一手とは――。(2023/8/22)

Sansanが”名刺交換なし”でも使える営業ツールに? 新規顧客の開拓機能を追加へ
企業の名刺管理サービスとして生まれた「Sansan」が、”名刺交換なし”でも利用できる営業強化ツールへと脱皮しようとしている。(2023/8/3)

PR:営業支援ツールの決定版 企業、営業個人にもメリットを生み出す「名刺管理」とは?
(2023/8/8)

法人決済もキャッシュレス化元年か SansanがBill Oneビジネスカードを出す狙い
銀行振込が中心という、旧態依然としていた企業間取引も変化が起き始めている。こんな流れの中で、Sansanが投入するのが「Bill Oneビジネスカード」だ。請求書管理SaaSであるBill Oneが、なぜ法人カード? と思うかもしれないが、企業間決済全体をデジタル化するという文脈で考えると、その理由が分かる。(2023/5/31)

月次決算を加速:
Sansan、法人カード決済領域へ参入 経理部門の「三重苦」解消を図る
名刺管理でおなじみのSansanが、請求書の一元管理を行うBill Oneサービスのオプションとして法人カードサービス「Bill Oneビジネスカード」を発表した。アナログ業務を減らすことで、月次決算の加速を促進していく狙いがある。(2023/5/31)

満足度の高いSaaSツール:
満足度の高いOCRツール PDF技術に強いサービスが1位に【2023年5月版】
ユーザーの満足度が高い「OCR」ツールとは? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューをもとに、ランキング形式でまとめた。(2023/5/30)

Sansan、GPT活用の新機能 「集客メール作成」と「有価証券報告書要約」
Sansanは5月29日、法人向け名刺管理サービス「Sansan」ユーザー向けにOpenAIのGPT APIを利用した新機能を無償で提供すると発表した。セミナー集客用メール文面を作成する機能のほか、有価証券行報告書を要約する機能を用意する。(2023/5/29)

Sansanとリコーが業務提携 請求書受領の「Bill One for RICOH」を中小中堅向けに販売
Sansanとリコーは4月6日、業務提携しインボイス受領サービス「Bill One for RICOH」をリコーが中堅中小企業向けに販売すると発表した。「Bill One」の基本機能を引き継ぎながら、中小中堅企業向けの専用の料金プランを用意する。(2023/4/6)

紙帳票の電子化で始めるDX:
PR:「その作業、誰がやるの?」 紙のデータ化に必要な“手作業”をゼロにする新しい業務効率化ツールとは
(2023/2/17)

Sansan、名刺管理サービスの自治体向け展開を加速 行政ネットワーク環境下でも使える形に
Sansanが、行政機関が使う閉域ネットワーク「LGWAN」環境下で使える名刺管理サービスの提供を始める。自治体による導入の難易度を下げるという。(2023/2/7)

知らないうちに違法行為?:
PR:名刺DXの重要性をひもとくと「無料アプリで名刺管理」が危ない理由が見えてきた
(2023/2/2)

バックオフィスSaaSは守りから攻めへ 変化の要因は? 「Bill One」急成長の2つのポイント
企業のバックオフィス業務にSaaS導入が加速している。「変わったな、と思う瞬間があった」とBill Oneの大西勝也執行役員(2023/1/25)

インボイス管理の「Bill One」好調 中堅・大企業フォーカスでARRが3.3倍の21億円超え
インボイス管理サービスの「Bill One」が好調。第2四半期の売上高は4億9600万円。ARRは前年同期の3.3倍となる21億2400万円となった。(2023/1/13)

DM送付作業の煩雑さを解消:
Sansanに「DM送付オプション」、DMをSansanの顧客データとひも付けて一元管理可能に
営業DXサービス「Sansan」に新機能。DM送付にまつわる一連の業務を一括して簡単に実施できるようになった。(2022/12/16)

DX推進を啓発:
「紙トラブル番付」発表 「なんちゃってオンライン請求書」「契約書迷子」など、10のあるあるが選出
Sansanは、紙書類に関する「トラブルあるある」についてビジネスパーソン1000人を対象に調査を実施した。紙書類の業務課題に焦点を当て、2023年のさらなるDX推進を啓発する。(2022/12/6)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(2):
業務管理SaaS「WorkOS」を提供するmonday.comが日本市場でのビジネスを本格化
さまざまな組織、役割の業務を管理するツールを提供するmonday.comは、東京にオフィスを開設し、日本市場での活動を本格化することを発表した。(2022/12/5)

導入事例:
東急建設が営業DXサービスと顧客情報の統合システムを全社で採用
東急建設は、Sansanが展開する営業DXサービス「Sansan」と複数のシステムに分散化した顧客情報を統合する機能「Sansan Data Hub」を全社に導入した。今後は、全社横断で顧客のデータベースを構築し、データの利活用で営業のDXを推進する。(2022/11/14)

急成長SaaSに「BizDev」の力あり その実態をSansanなど3社の事例からひもとく
SaaSビジネスにおいて重要性を増す「BizDev」。企業ごとに方法論が異なるこの手法、各社はどのように取り組んでいるのか。Sansanなど、BizDevによって成果を出す3社に聞く。(2022/11/11)

PR:東大クイズ王・伊沢氏が登壇! 営業DXに向けた名刺管理の講演も
(2022/11/10)

PR:車載システムやビッグデータ分析……ビジネスを変革するテクノロジーが集結 オンラインイベント「Sky Technology Fair 2022」が開催
(2022/10/26)

満足度の高い名刺管理ツール SansanやEightを抑えて1位になったのは?【2022年10月版】
ユーザー満足度の高い名刺管理ツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/10/14)

Sansanとラクスが業務提携 中小企業向けサービスを相互に販売
Sansanとラクスは10月14日、業務提携を行ったと発表した。Sansanの中小企業向け名刺管理サービス「Eight Team」とラクスのメールマーケティングサービス「配配メール」を、両社で提案、紹介し、販売を行う。(2022/10/14)

インボイスネットワークに勝機 Sansanが請求書管理Bill Oneで目指す戦略とは
各社がインボイス制度に対応した請求書受領サービスを推し進めている。そこには会計SaaSを中心としたマネーフォワードやfreeeはもちろん、新興のTOKIUMやバクラクブランドで展開するLayerXなど数多い。そして、名刺管理ソリューションを主軸としてきたSansanも、Bill Oneというサービス名で新規参入した1社だ。(2022/8/2)

Sansan通期決算、ARR198億円 クラウド請求書受領BillOneはARR14億に
Sansanは7月14日、2022年5月期の通期決算を発表した。ARRは22.9%増加して198億円。新規事業である請求書受領サービスBill Oneは、計画を大幅に超過する成長を見せた。(2022/7/15)

先駆者たちの「セールスイネーブルメント」:
Sansanの営業はなぜ「専門スキルより、汎用的なセールススキルの習得」を重視するのか
Sansanは2018年に「営業1人当たりの受注金額向上」を目標に営業組織の教育に力を入れ始めた。現在、営業メンバーが増える中でオンボーディングにかかる期間を半減させることに成功したという。どのような取り組みをしているかというと……(2022/7/8)

“野良SaaS”放置が招く3つのリスク 危険性はセキュリティ以外にも 専門家に聞く基礎知識
IT部門や経営層などが利用状況を管理しきれていない“野良SaaS”。放置していると、セキュリティやコストなど3種類のリスクにつながるという。野良SaaSが抱える危険性や対策の基礎知識を専門家に聞く。(2022/7/1)

名刺管理「Eight」名刺なしで登録可能に 「出社しておらず最新の名刺ない」などの声に応え
「Eight」新規登録の際、名刺を手元に用意する必要がなくなった。「リモートワークのため最新名刺を受け取れていない」などの声に応えた。(2022/6/24)

満足度の高い名刺管理ツール 2位「Eight」を超えた1位は?【2022年4月版】
ユーザー満足度の高い名刺管理ツールサービスは? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/4/28)

SaaS導入で従業員の休みが増えた 人不足の地方中小がクラウド活用で変わった話
事業拡大の一方、人不足による業務の属人化と、情報共有の不備に課題を抱えていた中小企業。複数のSaaSを導入し業務改善を図ったところ、従業員の負荷を減らし、休みを増やすこともできたという。成功のカギはSaaSを使わざるを得ない仕組み作りにあった。(2022/4/28)

名刺管理のEight、転職などキャリアフォーカスに刷新
Sansanは4月22日、個人向けの名刺管理アプリ「Eight」をキャリアプロフィールアプリに変更させていくことを明らかにした。転職時のEight利用や、企業が採用時にEightを使うことを促していく。「名刺を捨てるわけではないが、キャリア機能にフォーカスしていく」(2022/4/22)

経費精算とインボイス受領のTOKIUM、35億円調達で「請求書受領市場のリーダー目指す」
経費精算やインボイス受領のSaaSサービスを提供するBEARTAILが3月31日に社名、ブランド名を「TOKIUM」に変更した。その上で、4月19日には35億円の資金調達を発表。黒崎賢一社長は「請求書受領クラウド市場のリーダーになりたい」と意気込みを話した。(2022/4/19)

Sansan、「営業DXサービス」へプロダクト刷新 100万超える企業情報掲載予定
 Sansanは4月11日、提供するクラウド名刺管理サービス「Sansan」について、営業DXサービス「Sansan」へとコンセプトを刷新すると発表した。「営業を強くするデータベース」として、機能強化を行う。(2022/4/13)

「“Sansan=名刺”のイメージ変える」──Sansanが営業DX分野に本腰 まずは企業データベースを拡充
Sansanが、名刺管理サービス「Sansan」の営業支援機能を強化する。まずは帝国データバンクと連携し、企業データベースを拡充する。「Sansan=名刺のイメージを変え、営業に活用できるツールとしても認知を広げる」という。(2022/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。