連載
» 2014年06月09日 13時00分 UPDATE

Biz.Hacks:SOHOや中小企業で使えるオンライン帳票作成サービスを試す(RaQool編) (1/2)

SOHOや中小企業に向いた、請求書や見積書などの帳票をオンラインで作成できるサービスが増えつつある。今回はその中の1つ「RaQool(ラクール)」を紹介する。

[山口真弘,Business Media 誠]

 「RaQool(ラクール)」は、オンラインで請求書を作成、送信が行えるサービスだ。PDFのダウンロードやメール添付での送信のほか、有料オプションで郵送にも対応していることが特徴だ。

RaQoolのいいところ

  • 分かりやすい作成フロー
  • インクリメンタルサーチの採用で、顧客情報が増えても検索しやすい
  • 郵送にも対応(1通210円)

RaQoolの課題

  • 請求書のテンプレートが少ない

RaQool 「RaQool」トップページ。請求書の作成を前面に押し出しているが、ほかに見積書の作成もできる。なお無料プランでは顧客数が5つまでという制限がある
RaQool 登録に必要なのは、メールアドレス、パスワード、名前の3つ
RaQool 初回ログイン後にはまず自社情報を入力するためのウィザードが表示される
RaQool ウィザードが完了するとホーム画面が表示される。この時点で「基本設定」は、印影の登録など一部を除いてすべて完了している。請求書の作成には「請求書作成」ボタンをクリックする
RaQool まずは宛先、発行日、支払期限、請求番号を入力する。日付はカレンダーから選択できるので選びやすい
RaQool 続いて品名を入力する。よく使う項目を請求・見積パターンとして登録しておき、あとから呼び出すこともできる
RaQool 作成した見積書は一覧画面に表示される。ここからはPDFの確認のほか、メール添付での送信、もしくは郵送(1通あたり210円)といった操作が行える。入金などのステータスも管理できる
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ