ニュース
» 2014年07月22日 14時40分 UPDATE

もう“回答者不足”で悩まない――セルフアンケートの「Questant」がYahoo!ニュース、Salesforceと連携

思い立ったらすぐ、顧客に調査を――。たった3ステップでアンケートを作成できるクラウド型サービス「Questant」がYahoo!ニュース、Japan Cloud Panel、Salesforce.comと連携。より幅広く回答者を集められるようになる。

[Business Media 誠]
Photo Questant事業部の部長を務める高木一成氏

 「商品のパッケージは暖色系と寒色系のどちらが顧客にうけるか」「今日のセミナーで最も注目された講師は誰か」「夏のメニューの一番人気はどれか」――。こんな疑問を持ったらすぐ、簡単操作でアンケートを作成できるクラウド型サービス「Questant」が、この夏、サービスを強化する。Yahoo!ニュースの「意識調査」、GMOリサーチのマルチ調査パネル「Japan Cloud Panel」、Salesforce.comと連携し、課題となっていた“回答者不足”の解消を目指す。

 Questantは、インターネットリサーチ大手のマクロミルが提供するセルフアンケートサービス。直感的な操作でWeb上にアンケートを作成でき、すぐ公開してアンケート調査を行えるのが特徴だ。マクロミルのリサーチ会社としてのノウハウを生かした80種のテンプレートも用意され、アンケート作成に不慣れな会社でも短時間で作成できるのが強み。面倒なグラフ化などの作業を自動化する分析機能も利用可能だ。

Photo スマホやタブレットを使ったアンケートにも対応。結果のグラフ化も容易に行える
Photo テンプレートを使えば、簡単なカスタマイズをするだけでアンケートを作成できる

 同社は今夏、Questantを利用する企業から寄せられていた「回答者を集めるのが難しい」という声に応える施策を展開。7月22日からYahoo!ニュースの「意識調査」と連携し、同サイト上にアンケートの回答を呼びかけるバナーを掲示する有料オプションを提供する。

 多くの来訪者が見込めるYahoo!ニュース上でアンケートを告知することで、アンケートの配信先となる顧客を持たない企業や個人でも回答を集めやすくなり、顧客を持つ企業についてもより幅広い層からの回答が見込めるようになる。

■Yahoo!ニュース「意識調査」との連携料金
項目 1問まで 3問まで 5問まで
100人まで 7800円 9800円 1万1800円
200人まで 1万5800円 1万9800円 2万3800円
300人まで 2万3800円 2万9800円 3万5800円

 また、今夏中にも、CRM(顧客管理)ソフト大手のセールスフォース・ドットコムと連携し、同社が運営するAppExchange向けにQuestantアプリを提供する計画だ。これにより、Salesforceを利用する企業は、顧客登録している企業を対象とするアンケートを手軽に実施できるようになり、顧客満足度や改善点などのリサーチが可能になる。さらに、国内大手インターネットリサーチパネルの「Japan Cloud Panel」と連携し、8月下旬をめどに同社が持つ約130万人のパネルにアンケートを行えるようになる。

 Questantのターゲットは、これまで紙でアンケートを行っていた企業や、高額なリサーチ料を用意できず調査に二の足を踏んでいた企業。同事業部の部長を務める高木一成氏によれば、Questantを利用することで、紙からの転記や集計などといったアンケート調査にかかる手間とコストを軽減できるほか、素早い意思決定に貢献できるとしている。

 1アンケートあたりの質問数10問、回答数100件までなら無料で利用でき、アンケート数/質問数/回答数無制限の通常プランは月額2980円(2万9800円/年)。電話サポートなどが用意されるプレミアムプランは29万8000円/年。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -