ニュース
» 2014年10月03日 05時00分 UPDATE

仕事耕具:仕事を爆速化する“すごいスタンプ”あります――LINE的チャットツール「direct」がスゴすぎる (1/2)

今やメールにとって代わるコミュニケーション手段となったチャットツール。LINEやFacebookが主流だが、仕事で使うのを許していない会社も多い。そんな中、ちょっとびっくりなスタンプ機能を備えた企業向けチャットツールが登場したのでご紹介しよう。

[後藤祥子,Business Media 誠]

 スマホを持つようになって、仕事がはかどるようになってきた。でも、“もっと便利に、手軽に使えたら”――と思うことはないだろうか。

 例えば外回りの営業中に「急な打ち合わせのメールを受け取り、文字入力が思うようにいかなくてすばやく返事ができずにイライラした」「急いで自分の居場所を伝えたいのに、地図やメールの操作にとまどって困った」――という経験はないだろうか。

 そんなコミュニケーションの“ストレスやイライラ”を減らし、社内スタッフ同士の連絡を“爆速でスムーズ”にしようというサービスが登場した。企業ユースに特化したグループチャットサービスで、“あなたの会社の情報共有を10倍速くします”とうたう「direct(ダイレクト)」だ。

Photo クラウド型グループチャットサービス「direct」
Photo directのスマホ画面

 スマホの画面を見ると分かる通り、見た目はLINEのチャットやFacebookのメッセンジャーにそっくり。つまり、このサービスを使うと、普段、友達とLINEやFacebookでやり取りするのと同じ感覚で、社員同士が連絡を取り合えるようになるのだ。

 最近、仕事のコミュニケーションにLINEやFacebookのチャット機能を使う企業が増えているが、社員からは「仕事とプライベートのチャットは分けたい」「会社の上司や同僚にアカウントを知られなくない」という声が、会社の管理部門からは、「セキュリティや管理面が不安」という声が挙がっている。directは、こうしたツールの代替候補として検討するのにぴったりだ。

「はい」や「いいえ」の返事は2タップ、現在地の通知は3タップで

 さまざまな企業向けグループチャットサービスが登場する中、directの特長は“外出先で働く人の使いやすさ”を考えた便利な機能が用意されている点だ。

 例えばこんな営業現場の課題をdirectは解決してくれる。ちょっと外回りの営業中に、打ち合わせの日時を決めるメッセージが届いた場合を考えてみてほしい。返事は数字と漢字が混ざった日付や時間を入力しなければならず、イライラしてしまうだろう。こうした“質問に対する返事”が、directならたった2回のタップ操作でできてしまう。

 しかもそれを、LINEユーザーになじみのある“スタンプ“という形で実現しているのが面白い。この「アクションスタンプ」は、メッセージを送る側が、スタンプに質問と回答の候補を仕込むことができるもの。スタンプを受け取った相手は、スタンプをタップして回答を選ぶだけで返事ができる。これなら、外出先で立ちながらもたもた返事を書くのに比べて、大幅に時間を短縮できるだろう。

Photo アクションスタンプを使ったメッセージを送る側の操作フロー(Webブラウザ版)。質問と回答候補を入力して送信を押す
Photo アクションスタンプを受け取った側の操作フロー(スマホのアプリ版)。スタンプを押すと(画面=左)候補日を選択できるようになる(画面=中)。選んでタップするだけで結果がタイムラインに反映される(画面=右)

 アクションスタンプは、「イエス/ノー」の返事を求めるものと、複数の回答から選べるもの、タスクを達成したかどうかの回答を求めるものの3種から選べる。仕事だけでなく、「今日のランチ、一緒にどう?」とか「飲み会の店はどれがいい?」といったコミュニケーションにも使えそうだ。

Photo 仕事の会話に使えそうな普通のスタンプも用意されている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ