連載
» 2014年10月16日 08時00分 UPDATE

700万人メンタル不調時代に効く処方せん:あなたのストレス度を診断します (1/3)

簡易的なストレスチェックでストレス度を測定してみましょう。自分自身では気付いていないことについて「気付き」が得られるかもしれません。

[神谷学,Business Media 誠]

 前回は、労働安全衛生法の一部改正によって成立した「ストレスチェック義務化」法案について説明しました。ストレスチェック制度の軸になるのは、ストレッサー(ストレス原因)やストレス反応を測るストレスチェックです。

 厚労省は、企業の実情に合わせてストレスチェックの方法を選定するよう求めると予想されますが、ここでは皆さんにイメージを持ってもらうためにアドバンテッジリスクマネジメントが独自に開発した簡易版のストレスチェックを用いて、どのようなことが測れるのかをみていきたいと思います。

 以下の22項目について、各点数をすべて足し合わせて合計点を求めてください。

ストレスチェック
ストレスチェック このストレスチェックは、あくまで簡易的なセルフチェックのために作成されたものです。心身の不調を感じる場合には医師やカウンセラーなどの専門家に相談してください。
ストレスチェック表
合計点 評価 コメント
35点以下 A 心と体の疲れは特に溜まっていないようです
36〜49点 B 心と体の疲れがほんの少し溜まっているようです
50〜67点 C 心と体の疲れが少し溜まっているようです
68〜87点 D 心と体の疲れが比較的溜まっているようです
88点以上 E 心と体の疲れがかなり溜まっているようです

 ストレスについて、自分が思っていたものと異なる結果が出た人も多いかもしれません。ストレスチェックの意義は、まさに自分自身では気付かないことについて「気付きを与える」ということにあります。

 ストレス反応は、「無気力」「不安・緊張」「怒り」「身体不調」などの症状として表れます。ストレス反応が高いときには少し立ち止まって、休んだりのんびりしたりすることが必要です。

 しかし、ストレス反応とはあくまで「結果」ですから、その原因を探り対処することが本当の意味でのケア、メンタル疾患の未然防止につながります。そのためには、ストレス反応が発生する仕組みを学ばなくてはいけません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -