ニュース
» 2014年11月13日 15時12分 UPDATE

オリックス、会計ソフトの弥生を買収

「弥生会計」などで知られる弥生をオリックスが買収する。

[ITmedia]
photo 弥生の会計ソフト

 オリックスは11月13日、会計ソフト開発・販売の弥生を買収すると発表した。オリックスは従来顧客の大企業から中小企業に加え、弥生の顧客基盤を活用し、国内企業の8割以上を占める小規模事業者向けサービスを展開。オリックスの金融・サービスノウハウと弥生の専門性を融合し、小規模事業者のニーズに応えるとしている。

 年内をめどに、投資ファンドのMBKパートナーズなどから弥生株式の99.9%を取得する。買収額は弥生の借り入れ分などを含め総額800億円強になる見通しという。

 弥生は「弥生会計」「やよいの青色申告」シリーズなどを開発・販売し、125万社以上の登録ユーザーを抱えている。米Intuitの日本法人だったが、2003年にMBO(経営陣による買収)で独立、現社名に変更した。04年にライブドア(当時)が買収したが、ライブドア事件後にMBKパートナーズに売却されていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -