連載
» 2015年03月17日 05時00分 UPDATE

頼られる人になる「経理アタマ」の鍛えかた:決算書を読みこなせるようになるには (1/2)

決算を組めるようになったら、その決算書から自社の強み、弱みが何かを読み取れるようになりましょう。今回は、決算書を読みこなすコツと注意点を紹介します。

[企業実務]

月刊誌「企業実務」とは

Photo

企業実務」は、経理・総務・人事部門の抱える課題を解決する月刊誌。仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、分かりやすく、タイムリーにお届けします。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”として事務部門の業務を全面的にバックアップ。定期購読はこちら

 本記事は企業実務のコンテンツ「頼られる人になる「経理アタマ」の鍛えかた」から一部抜粋・編集して掲載しています。


 頼られる経理になるための最初のハードルは、決算を1人でつくり上げることです。経理1年目は、言われたことについていくので精一杯でしょうが、3回ぐらい決算を経験すれば、だいたい誰でも決算書を1人で作成することまではできるようになると思います。1人で決算ができるようになると、でき上がった決算書について説明を求められる機会も増えます。

 そのとき、ふと気付きます。

 「あれ? どうやって説明したらよいのだろう」

 決算を終わらせることに力を注ぎ過ぎて、決算書の数字の意味まで頭が回っていないのです。

 そこであわてて経営分析の本を片手に財務指標を計算してみます。収益性、安全性の指標を計算し、中小企業の平均的な数値になっていると安心し、平均値より悪い数値があると「そこがわが社の弱いところだから、社長に報告しなくては……」と思ったりします。

 実は筆者にもこのような時期があり、顧問先の社長にさも実態が分かったかのように報告をしたら、社長から「お前は何にも分かっていない!」とダメ出しをされました。

積み上げた数字を眺める

 決算を組むときは1から仕訳を積み上げます。いろいろな資料を分析して集計して仕訳に変換し、各勘定科目の残高を確定させます。決算作業に没頭していると、各科目の残高のチェックは行っていますが、1から間違いがないようにつくり上げているという自負があるからなのか、または各科目の残高は参考にした証票と一致しているから正しいと思っているからなのか、決算書の全体像について眺めることがおろそかになりがちです。

 本来は、つくった人が何でも知っているはずです。決算書を1人で作成できる経理の次のハードルは、でき上がった決算書を誰よりも理解することです。

 それでは、どのようにして決算書を見ていったらよいのでしょうか。まずは、でき上がった決算書の数字を、飽きるまで眺めてください。

 決算報告を意識して、声に出して読み上げるのも効果的です。

 「今期のわが社の売上高は、○○百万円で、売上原価は○○百万円、売上総利益は○○百万円となりました」

 読み上げると、何かが不足していることに気付くはずです。売上高は、○○百万円と読み上げました。売上数字自体の大きさはそれでわかるので、会社の規模感はつかめます。

 しかし、その数字が会社にとってどのような意味を持っているのかまでは分かりません。数字の意味を読み取るために参考になる、ある情報が不足しているのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -