インタビュー
» 2015年10月21日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(学習帳公演):ジャポニカ学習帳の表紙から「昆虫」が消えた、本当の理由 (1/6)

ジャポニカ学習帳の表紙といえば、「昆虫」の写真を思い浮かべる人も多いだろうが、数年前に昆虫が消えた。教師や保護者から「昆虫が気持ち悪いから変えてほしい」といった要望があって、発売元のショウワノートが削除したというが、本当にそうなのか?

[土肥義則,ITmedia]

 カブトムシ、クワガタ、チョウチョなど表紙に「昆虫」の写真が掲載されていた「ジャポニカ学習帳」(発売元:ショウワノート)を使ったことがある人は多いはず。「掲載されていた」と過去形で書いたのにはワケがある。教師や保護者から「昆虫は気持ち悪いから変えてほしい」といった要望が寄せられ、2012年に表紙から昆虫が消えてしまったのだ。

 昆虫を苦手にする子どもはいるはずだが、教師や保護者がモンスタークレーマーに変身して「アリの写真はキモいから止めてくれ!」などと、本当に文句を言ってきたのだろうか。真相を確かめるために、ショウワノートで学習帳を担当している小原崇さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

水曜インタビュー劇場(学習帳編):

 →累計12億冊! 知られざる「ジャポニカ学習帳」のスゴさ(前編)

 →後編


土肥: ジャポニカ学習帳は1970年に発売され、これまでの販売数はなんと12億冊以上。この分野でのシェアは50%なので、「超ロングセラー商品」になりますよね。なぜ長年にわたって消費者から支持されているのか? その秘密について、前回お話をうかがいました。

 さて、今回はもうひとつの疑問について話を聞かせてください。これまで表紙にはカブトムシやクワガタなどの写真をたくさん掲載してきたのに、2012年以降は「昆虫」が消え去りました。一部の報道によると、教師や保護者から「幼虫がグロい」とか「チョウチョの模様がキモい」といった声があったとか。そうした意見を受けて、ショウワノートは学習帳の表紙に昆虫を採用しなくなったそうで。

 「昆虫の写真が気持ち悪ければ、買わなければいいだけの話。違うノートを買えばいいでしょ」と思われた読者も多いと思うのですが、モンスタークレーマーのような人たちは本当にいたのでしょうか?

ジャポニカ学習帳の表紙から昆虫が消えた
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news063.jpg
ビールは22円値下げの見込み:
news020.jpg
コンビニ探偵! 調査報告書:
news039.jpg
池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -