連載
» 2015年12月08日 10時25分 UPDATE

世界を読み解くニュース・サロン:過去最高の売上! 米国人が銃を“爆買い”するワケ (1/4)

2015年11月27日の金曜日、米国では恒例の「ブラックフライデー」が盛り上がった。この日からクリスマス・年末商戦がスタートしたわけだが、今年はある商品が過去最高の売り上げを記録した。銃である。

[山田敏弘,ITmedia]

世界を読み解くニュース・サロン:

 今知るべき国際情勢ニュースをピックアップし、少し斜めから分かりやすく解説。国際情勢などというと堅苦しく遠い世界の出来事という印象があるが、ますますグローバル化する世界では、外交から政治、スポーツやエンタメまでが複雑に絡み合い、日本をも巻き込んだ世界秩序を形成している。

 欧州ではかつて知的な社交場を“サロン”と呼んだが、これを読めば国際ニュースを読み解くためのさまざまな側面が見えて来るサロン的なコラムを目指す。


yd_yamada1.jpg 今年も米国では「ブラックフライデー」が盛り上がったが……

 2015年11月27日の金曜日、米国では恒例の「ブラックフライデー」が大きな盛り上がりを見せた。ブラックフライデーとは感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日となる金曜日のことで、この日からクリスマス・年末商戦がスタートするため、小売業界を中心に大セールが繰り広げられる。米国では1年で最も商品が売れる日として認識されている。

 2015年、ある意外な商品が過去最高の売り上げを記録した。銃である。

 そもそも1998年以降、米国で銃を購入するにはFBI(米連邦捜査局)による犯歴照会などが必要となる。ブラックフライデーに犯歴照会が申し込まれた数は、照会システムが始まった98年以降で最も多い18万5345件になり、2015年のブラックフライデーは過去最も多く銃が売れた日の記録を更新した。

 基本的に銃が禁止されている日本人にとっては、にわかに理解しがたいニュースだろう。というのも、年に一度の大売り出しというほのぼのとしたイメージと、銃がすんなりとリンクしないからだ。銃と言えばおそらく多くの人が「暴力」「殺人」といった言葉を連想するのではないだろうか。

 事実、銃は暴力につながる。なぜそんな銃が今年のブラックフライデーに米国で過去最高セールスを記録したのか。というよりも、もっと根本的な問題として、そもそもなぜこんなに米国人は銃が“好き”なのか。

 これまで、米国で過去に1日で最も銃が売れた日は2012年12月21日だった。実はこの日の1週間前、2012年12月14日に、コネチカット州ニュータウンで米史上最悪規模の銃乱射事件が発生している。「サンディフック小学校銃撃事件」だ。

 この乱射事件では、20歳男性が小学校で無差別に20人の児童と6人の職員を殺害した。全米で衝撃をもって受け止められ、事件の全容が判明した後で、銃を購入する人の数が急増、歴史上最も銃が売れた日を記録した。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ