コラム
» 2015年12月17日 11時15分 UPDATE

経営者と経営学者の違い、B'zとAKBの違い (1/3)

ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、大学の教授が否定コメントをしたことで、堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係を見ていこう。

[増沢隆太,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:

増沢隆太(ますざわ・りゅうた)

RMロンドンパートナーズ(株式会社RML慶文堂)RMロンドンパートナーズ(株式会社RML慶文堂)代表取締役。東京工業大学特任教授、コミュニケーション戦略家。人事コンサルタント兼大学キャリア教官兼心理カウンセラーで、東工大大学院では「コミュニケーション演習」の授業を行っているほか、企業では人材にも「戦略性」を重視する功利主義的アクティビティを提唱している。


 ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、一橋大学の教授が否定コメントをしたことにさらに堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係、スポーツの監督と選手の関係、さらにはB'zとAKB48の関係を見てみましょう。

名選手は名監督?

 スポーツの世界では、現役時代名選手と呼ばれる人のほとんどが、引退後監督など管理者になります。逆に現役時代の成果が乏しい人は、特にプロスポーツの監督などにはなりづらい風潮があります。ホリエモン氏の意見は「経営ができなければ経営学者ではない」というのは、これと同様の根性論になっているのではないでしょうか。板場の修行に意味がないと喝破する氏の、一番嫌う主張と同じ根拠になっているように思います。

 米国のメジャーリーグに詳しい菊田康彦氏によれば、メジャーリーグの監督20人中、球宴出場経験など「スター選手」はわずか5人。他はほとんどが控え選手か、メジャーでプレーした経験すらない、とのことです。これに対し日本のプロ野球では、一流選手が監督を務めるケースが大半で、「監督」という役職のバックグラウンドには大きな違いがあります。(同氏、スポナビ、2011年7月19日コラムより)

 名選手でなければ名監督は務まらないという風潮への疑問を昔から感じていました。私がかつてプロ野球好きだったころ、好きだった監督は超弱小チームながらおおいにトーナメントを沸かせてくれた元大洋の近藤貞夫監督や横浜優勝という奇跡をなしとげた権藤博監督(単なる大洋ホエールズファン!?)、須藤豊元巨人二軍監督(あ、元大洋監督でした!)といった元大洋監督たちに(開き直りました)とてもシンパシーと、「指導者とは」というあこがれを感じていたのです。

 どの方も、現役時代を通じて超一流のスターだったというより、一瞬のスターで終わってしまったり、大きな花は咲かずに終わった方ばかりという印象です。しかしそうした挫折経験もある方が指導者になり、勝って当然の戦力を持つ人気球団の10分の1の人件費でも、局地戦で胸のすく勝ち方をする超弱小球団に、戦略の妙味を感じていました。結局総力戦では負けてしまうのですが。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -