連載
» 2016年01月08日 08時00分 UPDATE

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:北海道新幹線に援軍が続々……JRグループの総力戦 (1/4)

北海道新幹線は所要時間や料金について、前評判が芳しくない。しかし開業を控えてJRグループと国土交通省が次々に活用施策を発表している。青春18きっぷ特例、貨物新幹線の開発計画だ。北海道新幹線に向けた総力戦は、全国規模の応用も期待できる。

[杉山淳一,ITmedia]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』、『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP


青春18きっぷも「オプション券」で乗車可能

 2016年1月6日、JRグループは「北海道新幹線開業に伴う『青春18きっぷ』などのおトクなきっぷのお取り扱いについて」という文書を公開した(関連リンク)。この中で、今年も春・夏・冬に青春18きっぷが発売されると告知された。価格は1万1850円と前年同額である。

 2016年の青春18きっぷはルール面で変更がある。青函トンネル区間の利用特例が廃止され、新たに「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が発売される。それ以外のルールは同じだ。

 青春18きっぷは原則として「JRグループの普通列車に1日乗り放題×5回」というきっぷで、そのほかに他社線や特急列車自由席に乗れる特例区間がある。詳しくは以前の拙記事を参照していただきたい(関連記事)

 現在、津軽海峡線の蟹田〜木古内間は普通列車が走っていない。そこで、特例としてこの区間のみ特急・急行の自由席を利用できる。急行は夜行の「はなます」があるけれど、深夜のため両駅を通過してしまうから使えない。従って、対象列車は特急「白鳥」「スーパー白鳥」だけだ。

 青春18きっぷの春版の利用期間は3月1日から4月10日まで。このうち、3月1日から3月21日までは現行ルールとなる。3月22日から3月25日までは北海道新幹線開業準備のため特急「白鳥」「スーパー白鳥」は運休。3月26日から4月10日までが新ルール。「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」で北海道新幹線に乗れる。

 青春18きっぷ北海道新幹線オプション券は2300円の片道きっぷだ。北海道新幹線の奥津軽いまべつ〜木古内間と、第3セクターとなる道南いさりび鉄道の木古内〜五稜郭間を1回だけ利用できる。青春18きっぷの1回分は1日有効だけど、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」は1回乗車だけ。北海道新幹線には自由席がないため、普通車指定席の空席利用となる。座席指定はできない。

 2300円という価格は絶妙だ。奥津軽いまべつ〜木古内間の新幹線特定特急料金は1490円。道南いさりび鉄道の五稜郭〜木古内間の普通運賃は960円だから、合算額の2450円よりちょっとだけ安い。しかし、道南いさりび鉄道内では途中下車できない。道南いさりび鉄道の木古内・五稜郭以外の駅で降りたときは、乗車区間の運賃が別途必要になる。

 気になる点としては、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅と在来線との接続だ。在来線側は津軽線の津軽二股駅になるけれど、現状では1日に5往復だ。乗車機会は特急の半分以下になる。青春18きっぷシーズンだけでも、すべての新幹線列車に接続する臨時列車があれば良い。しかし全国では他にも不便な区間がある。後述のように、JR東日本は青春18きっぷ利用者向けの経費を抑えたいだろうから、増発は期待できない。

青春18きっぷのルールが変わる 青春18きっぷのルールが変わる
特急「スーパー白鳥」は青函から引退。789系電車は札幌〜旭川間へ「転勤」予定 特急「スーパー白鳥」は青函から引退。789系電車は札幌〜旭川間へ「転勤」予定
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -