連載
» 2016年04月20日 14時23分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:周囲の人間はどう見ているのか イチローと本田圭佑のスゴさ (1/4)

日本を代表するプロスポーツ界のレジェンド2人が今、厳しい立場にいながらもベストを尽くそうと心血を注いでいる。イチローと本田圭佑選手だ。両選手を取り巻く現状とチームメートたちの声などを取材したところ……。

[臼北信行,ITmedia]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


yd_usukita1.jpg ベンチを温める日々が続いているイチロー(出典:マイアミ・マーリンズのFacebookページ)

 日本を代表するプロスポーツ界のレジェンド2人が今、厳しい立場にいながらもベストを尽くそうと心血を注いでいる。メジャーリーグのマイアミ・マーリンズでプレーするイチロー外野手と、イタリア・セリエAのACミランに在籍している本田圭佑選手だ。

 野球とサッカー、まったく別々の分野とはいえ、海外のプロリーグに身を置く2人には共通項も多い。両選手を取り巻く現状とチームメートたちの声について現地発の生情報をもとに取材を進めてみた。

 まずはイチロー。プロ25年目の今季はメジャー通算3000本安打達成に大きな期待がかかっている。達成すれば史上30人目の快挙だ。それだけに日米のメディアも開幕前から、その一挙一動を注視している。

 しかしながら開幕からここまでベンチを温める日々がほとんどで基本は代打要員。チーム内における現在の立ち位置は中堅のマーセル・オズナ、左翼のクリスチャン・イエリッチ、右翼のジャンカルロ・スタントンに次ぐ外野手の4番手となっているのが現状である。だが、これはマーリンズ在籍1年目の昨季と立場は変っていない。

 マーリンズで外野のレギュラーを務める3選手は全員20代だ。オズナは2014年に23本塁打を放ったパワーが持ち味で守備力も高い。イエリッチは2014年に左翼守備でゴールデングラブ賞を獲得したほどの堅守がストロングポイントで打撃でも昨シーズン、初の打率3割をマークしている。そしてスタントンは2014年に本塁打王(37本)、シルバースラッガー賞、ハンク・アーロン賞の3つのタイトルを手にしたナ・リーグを代表する強打者だ。そう考えれば、42歳のイチローが不動の外野3人を押しのけてポジションを奪うことはなかなか容易ではない。

 だが、イチローはやはり「スペクタクル」だった。4月17日(日本時間18日)の本拠地・ブレーブス戦では6回から途中出場し、中前安打を放って出塁。さらにそこから二盗を成功させ、メジャー通算499個目の盗塁を決めた。延長10回までもつれた試合は敗れてしまったものの、9回の土壇場で同点適時打を放つなど途中出場でありながら2打数2安打のマルチ安打と大記録へ王手をかける走塁で十分過ぎる存在感を見せ付けた。

 さらに19日(同20日)の本拠地・ナショナルズ戦でも途中出場。9回に2番手ショーン・ケリーから三塁内野安打を放ち、4安打完封リレーで黒星を喫した打線の中で意地を見せた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集