連載
» 2016年04月27日 08時00分 UPDATE

高井尚之が探るヒットの裏側:身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは? (1/6)

ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。

[高井尚之,ITmedia]

高井 尚之(たかい・なおゆき/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)

日本実業出版社の編集者、花王の情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。出版社とメーカーでの組織人経験を生かし、大企業・中小企業の経営者や幹部の取材をし続ける。足で稼いだ企業事例の本音の分析は、講演・セミナーでも好評を博す。

「カフェと日本人」(講談社現代新書)「セシルマクビー 感性の方程式」(日本実業出版社)「『解』は己の中にあり」(講談社)「なぜ『高くても売れる』のか」(文藝春秋)「日本カフェ興亡記」(日本経済新聞出版社)など著書多数。 E-Mail:takai.n.k2@gmail.com


 本格的な春を迎え、スポーツに親しむのも心地よい時季となった。現在、一般の人が行うスポーツで最も人気なのは、ランニング・ジョギングやウォーキングだ。グラウンド確保などの手間がいらず、気軽に始められるので愛好家も増えている。

 各種調査の数字で紹介すると、「ランニング・ジョギング」を年に1回以上行う人は約986万人、うち約550万人は週1回以上だという(2014年度、笹川スポーツ財団調べ)。また、成人男女が「この1年間に行った運動・スポーツの種目」では、1994年から毎回「ウォーキング」が首位となっている(「2013年 体力・スポーツに関する世論調査」、文部科学省調べ)。

 だが、スポーツは体力を消耗する。継続していくためにもケアは重要である。そこで近年、注目されているのがスポーツ後の「休息・休養」市場だ。今回はこの市場を開拓した企業の事例を、市場創造の視点からも分析してみたい。

photo スポーツ後の「休息・休養」市場に注目が集まっている
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集