ニュース
» 2016年10月20日 11時20分 UPDATE

豊洲移転問題で土壌汚染対策に注目 提携発表の企業、株価急騰

環境管理センターは10月19日、フィールド・パートナーズとの資本業務提携を発表。築地市場の豊洲移転問題でも注目が集まる土壌汚染調査サービス強化を狙い、株価が急騰している。

[ITmedia]

 環境コンサルティングの環境管理センター(JASDAQスタンダード)は10月19日、土壌汚染対策を手がけるフィールド・パートナーズと資本・業務提携すると発表した。東京・築地市場の豊洲移転問題で土壌汚染問題に関心が集まっており、環境管理センターの株価が急騰している。

フィールド・パートナーズとの資本業務提携を発表した環境管理センター

 環境管理センターは環境計測証明事業を展開し、特に不動産取引に伴う土壌汚染調査が好調。フィールド・パートナーズは、土壌汚染対策に「コストキャップ保証」(土壌・地下水汚染対策工事費用を事前に確定させ、見積額を超過するリスク保証を行うサービス)をつける独自のビジネスモデルを構築している。

 提携で業務や顧客層を補完し合い、調査から工事までをワンストップで提供できるとしている。将来は、コストキャップ保証による新しい環境汚染調査・対策サービスの共同開発へつなげ、新たなビジネスモデルを両社で構築していくという。

 土壌汚染対策の市場は16.9兆円ともいわれており、築地市場の豊洲移転問題に関連して注目が集まっている。提携を発表した19日、環境管理センターの株価は値幅制限の上限(ストップ高)に。20日も前日終値503円から始値573円を付け、一時は600円と年初来高値を更新した。

環境管理センター(東証JQS)の株価(出典:Yahoo!ファイナンス)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集