ニュース
» 2016年11月01日 18時25分 UPDATE

サイバーエージェント、4つの新会社を設立 社長は全員20代

サイバーエージェントは11月1日、4つの新会社を設立した。それぞれ、アドテクノロジー事業、カップリングアプリ開発、体験型イベント事業、メディア運営を行う。新会社の社長に就任した4人はいずれも20代。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは11月1日、4つの新会社「A.J.A(アジャ)」「トルテ」「CyberW(サイバーダブリュー)」「ニジスタ」を設立した。新会社の社長に就任した4人はいずれも20代。それぞれ、アドテクノロジー事業、カップリングアプリ開発、体験型イベント事業、メディア運営を行う。

11月1日に設立の4つの新会社。社長はいずれも20代

A.J.A

  • 代表者 代表取締役社長 山田陸 (2011年新卒入社)
  • 資本金 4000万円
  • 事業内容 「Ameba」を中心とするメディアデータを活用したアドテクノロジー事業

トルテ

  • 代表者 代表取締役社長 飯島徹子 (2014年新卒入社)
  • 資本金 5000万円
  • 事業内容 カップリングアプリの開発・運営

CyberW

  • 代表者 代表取締役社長 合田武広 (2012年新卒入社)
  • 資本金 3000万円
  • 事業内容 体験型イベント事業

ニジスタ

  • 代表者 代表取締役社長 毛利泰斗 (2014年新卒入社)
  • 資本金 3250万円
  • 事業内容 声優・アニメ情報メディア「Nizista(ニジスタ)」の運営

 A.J.A、トルテ、CyberWはサイバーエージェントの完全子会社。またニジスタはグループ会社のアプリボットの完全子会社となる。

 若手を積極的に登用する社風のサイバーエージェント。20代社員を新会社で抜てきするのは、「新卒入社3カ月で子会社取締役に」と話題になったアプリボットの卜部宏樹氏(現在AbemaTV取締役副社長)や、渋谷クリップクリエイトの桑野俊一氏などの前例がある。

 10月27日発表のサイバーエージェントの2016年9月期(15年10月〜16年9月)通期決算は、売上高・営業益ともに過去最高に。メディア事業「AbemaTV」の投資で赤字がかさんだが、インターネット広告事業とゲーム事業が好調だった。

サイバーエージェントの2016年9月期通期決算は、売上高・営業益ともに過去最高と好調

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

注目のテーマ