ニュース
» 2016年11月29日 17時23分 UPDATE

通常の半分以下のマイルで:6000マイルで羽田と“どこか”の国内空港を往復 JALとNRI

日本航空と野村総合研究所は12月12日午前11時から新サービス「どこかにマイル」の提供を開始。6000マイルで羽田空港からJALグループの直行便が運航する全国の“どこか”の空港に行ける。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は12月12日から新サービス「どこかにマイル」の提供を開始する。JALマイレージバンク日本地区会員が対象。6000マイルで羽田空港からJALグループの直行便が運航する全国の“どこか”の空港に行くことができる。

JALとNRIの共同サービス「どこかにマイル」 JALとNRIの共同サービス「どこかにマイル」

 サービス利用者は、利用日時(往路搭乗日の1カ月前から7日前まで)と人数(最大4人)を入力後、羽田空港を出発地とした4つの行き先候補の中から、そのうちの1カ所に往復できる特典航空券を通常の半分以下の6000マイルで交換することが可能だ。行き先は申し込みから3日以内に決定する。行き先候補は4つの空港で1組となっていて、再検索すると行き先候補が変わる仕様になっている。

通常の往復特典航空券は1万2000マイル以上 通常の往復特典航空券は1万2000マイル以上

 同サービスの狙いについて、これまで特典航空券の必要マイル数に満たなかった顧客の旅行機会を拡大し、地域活性化につなげたいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集