ニュース
» 2016年12月01日 19時17分 UPDATE

長時間労働、ハラスメント問題企業が並ぶ:「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表 電通など

“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。

[ITmedia]

 ブラック企業大賞企画委員会は12月1日、“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業を発表した。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。

ブラック企業大賞ノミネート10社が発表

 結果は12月23日に発表される。ノミネート10社と、主な選定理由は以下。

  • エイジス(長時間労働)
  • 電通(過労死)
  • ドン・キホーテ(長時間労働)
  • プリントパック(従業員の死亡事故、長時間労働、組合との敵対)
  • 関西電力(過労死)
  • 佐川急便(ハラスメント)
  • サトレストランシステムズ(長時間労働、残業代未払い)
  • 宗教法人 仁和寺(長時間労働、賃金未払い)
  • ディスグランデ介護(賃金未払い)
  • 日本郵便(ハラスメント)

 ブラック企業大賞は、「労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている」「パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套(じょうとう)手段として従業員に強いる体質を持つ」企業や法人をブラック企業と定義。ブラック企業を見極める指標として、「長時間労働」「セクハラ・パワハラ」「いじめ」「制度の不備」「派遣差別」などを挙げている。

 ブラック企業大賞は、2012年に立ち上がった賞。12年は東京電力、13年はワタミフードサービス、14年はヤマダ電機、15年はセブン-イレブンジャパンが大賞に選ばれた。

今回で5回目の開催。発表は12月23日に

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -