ニュース
» 2016年12月06日 15時06分 UPDATE

自在に動いて入出荷を簡単に:Amazon、“動く商品棚”を国内初導入

アマゾンジャパンが「動く商品棚」を用いた入出荷システム「Amazon Robotics」を国内拠点に初導入。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 アマゾンジャパンが、商品の入出荷作業を自動化する技術「Amazon Robotics」を国内拠点としては初めて川崎FC(フルフィルメントセンター)に導入し、12月6日、報道陣に公開した。

photo 川崎FCの外観

 Amazon Roboticsでは、商品棚の下部に自動運搬装置「ドライブ」を組み合わせた“動く商品棚”を使用する。ドライブは在庫管理エリアの床に記されたバーコードを読み取り、作業内容に応じて適切な場所へと動く。セール時に注文が増加した場合などに備え、入出荷作業を効率化する考えだ。

photo 自動運搬装置「ドライブ」。秒速約1.7メートルで動く
photo 「ドライブ」と商品棚を組み合わせた様子
photo 在庫管理エリアの風景。商品棚が動き回っている

 入荷作業の際は、仕入れ元から商品が届くと、大きさをもとに使用する棚を決定。商品棚は、従業員の待つ作業スペースへと自動で向かう。商品を収納する箇所はモニターに表示されるため、従業員は、指定された場所に商品を収めるだけで在庫登録ができる。

photo 入荷作業の様子。左のモニターに、収納場所が表示されている

 出荷作業の場合も同様に、顧客からの注文が入ると、該当する商品が入った棚が自動で作業スペースにやってくる。従業員は商品をピックアップし、梱包作業に回すだけで出荷が完了する。

photo 出荷作業の様子

 同技術の導入で、工程処理時間の短縮とコスト削減に成功しているという。今後、国内のほかの拠点への導入も検討する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集