ニュース
» 2016年12月07日 11時48分 UPDATE

電撃会談を好感:トランプ効果でソフトバンクが年初来高値更新

孫社長とトランプ氏の電撃会談を受け、ソフトバンク株価が上昇。

[ITmedia]

 12月7日の東京株式市場で、ソフトバンクグループ(東証1部)が年初来高値を更新。前日比251円高(+3.61%)の7207円で午前の取引を終えた。

photo トランプタワーに姿を見せたトランプ次期大統領と孫社長=米ABCより

 同社の孫正義社長が、ドナルド・トランプ次期米大統領と会談し、500億ドル(約5兆7000億円)を米スタートアップ企業などに投資し、5万人の雇用を生み出すと約束。これが好感され、買い注文が集まった。売買代金は全市場トップだった。

 午前終値ベースの時価総額は7兆9324億円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -