ニュース
» 2016年12月09日 18時06分 UPDATE

信号が変わるタイミングを表示:アウディ、米国で車と信号機をネットワーク接続

アウディは米国で、自動車と信号機をネットワーク接続し、信号機の情報を車内に表示するサービスを開始。信号が変わるタイミングの情報を提供することで、渋滞緩和や環境負荷低減につなげる。

[ITmedia]

 独アウディAG傘下のアウディ・オブ・アメリカは、自動車と信号機をネットワーク接続し、信号機の情報を車内に表示するサービスを米国で開始したと発表した。信号が赤から青に変わるタイミングを事前に提示することで、渋滞緩和や環境負荷低減につなげる。

photo 信号の情報を表示する
photo 米ラスベガスからサービスを開始する

 北米の複数の都市と協力し、車両と交通インフラをネットワークでつなげる。第1弾として、ラスベガスでサービスを開始した。2016年6月以降に製造された、アウディコネクト搭載の米国向け「A4」「Q7」の全モデルでサービスを利用できる。

 自治体の交通管制センターが、アウディのプロジェクトパートナーであるトラフィックテクノロジーサービス(TTS)に対して信号機のデータを提供。TTSはデータ処理後、高速インターネットサービスを経由し、リアルタイムで情報を送信する。

 車内では、アウディバーチャルコックピットまたはヘッドアップディスプレイを通じて、制限速度内で走行した場合に信号が変わるかどうかを確認することができる。青に変わらない場合は、変わるまでの時間がカウントダウンされるため、あらかじめアクセルを緩めてスピードを調整することができる。

 この機能を「Time-to-Green」と命名した。自動運転技術の開発、普及に向けたインフラ整備を視野に入れているという。

photo ヘッドアップディスプレイに信号の情報を表示

 欧州で実施された実証実験では、赤信号で完全に停止する車両数が約20%減った。また、燃料を約15%節約できることも明らかになった。道路における車の流れの改善、移動時間の短縮、燃料削減の効果が確認できたという。

 テクノロジーが普及すれば、都市計画担当者が交通渋滞の理由を把握できるようになり、信号を変えるタイミングを最適化することも可能になる。また、ナビゲーションサービスと連携させれば、青信号の情報をルート選択に応用させることもできるという。

 今後、米国内の他の都市にサービスを拡大。ヨーロッパでも導入を計画している。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集