ニュース
» 2017年02月09日 10時39分 UPDATE

レトルトカレーの多様化進む:定番「ボンカレー」が挑む“新しさ” 新商品のお味は

大塚食品が「ボンカレー」シリーズの新製品を2月13日に発売する。“昔ながらのカレー”というイメージを払拭(ふっしょく)する狙いがあるという。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 大塚食品は2月8日、レトルトカレー「ボンカレー」シリーズの新製品「ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー」「ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー中辛」「ボンカレーネオ 徳島産阿波尾鶏 チキンカレー辛口」を13日から全国で販売すると発表した。

photo ボンカレーの新製品3種

 「ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー」は、2015年に夏季限定で販売した同名の製品をリニューアルしたもの。「爽やかさ」をテーマに、清涼感のあるスパイス、日向夏の果汁、アーモンドミルクなどを使用しており、幅広い世代の消費者をターゲットに想定する。価格は180円(税別、以下同)。

photo 「ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー」の特長。記者発表会では、お笑い芸人の永野さんがプレゼンテーションを担当した

 「ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー中辛」「ボンカレーネオ 徳島産阿波尾鶏 チキンカレー辛口」は、従来ビーフカレーとして展開してきた「ボンカレーネオ」シリーズにバリエーションを持たせる目的で発売。隠し味として、前者はウスターソースとバナナを、後者はハチミツを使用した点が特徴。具材を大きくしてボリュームを増やし、主に若い世代の消費者をターゲットに想定する。価格は285円。

photo 「ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー中辛」の特長。プレゼン担当は、芸人の内山信二さん
photo 「ボンカレーネオ 徳島産阿波尾鶏 チキンカレー辛口」の特長。プレゼン担当は、芸人の小島よしおさん

 3製品ともに、パッケージのまま電子レンジで加熱調理が可能となっている。

 新製品発売の狙いについて、同社の金子忠晴製品部長は「近年、レトルトカレー市場は多様性の時代に入り、各社が“ご当地カレー”などバラエティーに富んだ製品を発売している。この流れを受けて弊社も主力製品のラインアップを強化した」と説明する。味付けの意図については「ボンカレーは“昔ながらのカレー”というイメージが強いが、消費者に新しいイメージを持ってもらえるよう工夫した」という。

photo ボンカレーシリーズと金子部長

 15年には質の高い具材を使用した高価格帯の「The ボンカレー」(500円)を、16年に子ども向けの「こどものためのボンカレー」(160円)を発売。より多くの顧客層の取り込みを図っているが、この2製品は味付けを変えたものを展開する予定はないという。金子部長は「ブランド戦略の一環として、両製品はあえて現状のまま育てていきたい」と話している。

ALTALT 「The ボンカレー」(=左)、「こどものためのボンカレー」(=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集