ニュース
» 2017年02月09日 18時17分 UPDATE

大幅改善:日本マクドナルド、通期で黒字 「回復」から「強化」へ

日本マクドナルドの16年12月期は2割増収・黒字転換。

[ITmedia]

 日本マクドナルドホールディングスが2月9日発表した2016年12月期の連結決算は、売上高が前期比19.6%増の2266億円に拡大し、最終損益は53億円の黒字(前期は349億円の赤字)に転換した。既存店売上高が20%増になるなど、「ビジネスリカバリープランの着実な実行で大幅に改善した」としている。

photo 「総選挙」で1月売上高も好調

 既存店客数は9.1%増、全店客数は4.9%増と、ファミリー層を含め客数が改善。前期に234億円の赤字だった営業損益も、69億円の黒字へと転換を果たした。

 17年12月期は、売上高が4.3%増の2365億円、営業利益が29.9%増の90億円、最終利益が58.4%増の85億円と、大幅な増益を計画する。「昨年までに築いた基盤をベースに、『回復』から『強化』の段階に移行していく」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集