連載
» 2017年02月17日 07時25分 UPDATE

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:トランプ氏「日本の高速鉄道に関心」の本音 (1/4)

日米首脳会談で高速鉄道が話題になったという。しかし「日本の高速鉄道技術をトランプ大統領も認めた」「日本の経済・技術協力によって、米国大陸に新幹線やリニアの路線網が築かれる」という展開にはならないかもしれない。米国ではベンチャー企業による「ハイパーループ」が実用化に向かっている。

[杉山淳一,ITmedia]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』、『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP


 日米首脳会談の前日、トランプ大統領が米航空大手の経営トップとの会合で「日本や中国には高速鉄道網がある。米国にはない」と発言した。日本の新聞は「日本の高速鉄道をトランプが高評価」という調子で報じた。

 この発言を受けたかどうかは分からないけれど、日米首脳会談で安倍総理は、新幹線やリニアモーターカーを挙げ、特にリニアでは「ワシントンDCからトランプタワーのあるニューヨークまで1時間」と強調。「日本の高速鉄道技術で米国に貢献したい」と語った。これも日本では「米国の高速鉄道を日本の技術で」と報じられた。

 日本人は海外から鉄道やクルマを褒められると大喜びする。しかし、これで「全米高速鉄道網が日本の技術で」と思ったら、ぬか喜びになるかもしれない。

米国で進行中の高速鉄道計画(白地図専門店の白地図「アメリカ合衆国」を使用)。このうち、テキサス・セントラル・レイルウェイはJR東海、カリフォルニア高速鉄道はJR東日本がかかわる 米国で進行中の高速鉄道計画(白地図専門店の白地図「アメリカ合衆国」を使用)。このうち、テキサス・セントラル・レイルウェイはJR東海、カリフォルニア高速鉄道はJR東日本がかかわる

 トランプ大統領が高速鉄道に言及した場は「米航空大手の経営トップ」との会合だ。しかも「ある人に聞いたんだけど、日本と中国に高速鉄道があるらしいね」という伝聞形だった。日本の報道機関はトランプ大統領が「米国の鉄道は時代遅れだ」と発言したと報じたけれど、米ブルームバーグによると「空港も鉄道も時代遅れ、道路もよくない」と交通網全体のインフラを問題とした発言だったらしい。

 会合の相手が米航空大手という状況から察するに「航空業界がちゃんとやらないなら、鉄道や道路の整備に予算を使っちゃうぞとハッパをかけた」と考えたほうが良さそうだ。

 そして、トランプ発言の「高速鉄道」にしても、新幹線やリニアではないかもしれない。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集