ニュース
» 2017年03月22日 18時36分 UPDATE

1棟を「変なホテル」に:HIS、台湾ホテル大手を子会社化 中国語圏に事業拡大

エイチ・アイ・エスの連結子会社、H.I.S.ホテルホールディングスが、台湾の大手ホテルチェーンGreen World Hotels(GWH)を子会社化する。中国語圏での事業拡大が主な狙いだという。

[ITmedia]

 エイチ・アイ・エス(HIS)は3月21日、ホテル事業を手掛ける連結子会社のH.I.S.ホテルホールディングス(HHH)が、台湾の大手ホテルチェーンGreen World Hotels(GWH)を子会社化すると発表した。GWHが実施する第三者割当増資を引き受ける形で、HHHは新たに約2900万株を取得。持ち株比率を従来の33.3%から51.0%へと引き上げる。

photo Green World Hotelsのホームページ

 台湾への日本人旅行者数が増加傾向にあるため、HISを利用して台湾に旅行する日本人の宿泊先としてGWHのホテルを活用し、収益増につなげる狙いだ。また、GWHの子会社化を中国語圏への進出の足掛かりとし、今後は上海などにもホテル事業を拡大する可能性があるとしている。

photo HISのプレスリリース

 HHHは現在、ロボットが従業員として働くホテル「変なホテル」の運営に注力しており、5年以内に100棟以上の展開を見込んでいる。同事業の一環として、GWHが保有する16棟のホテルのうち1棟を「変なホテル」に改装する計画もある。

photo 舞浜に3月オープンした「変なホテル」の外観

 GWCは1994年に創業。2014年12月期には348万2000台湾ドルの連結営業利益を計上していたが、15年以降は赤字に転落。15年に692万7000台湾ドル、16年に2266万3000台湾ドルの連結営業損益を計上している。

 HISは、GWCの子会社化が17年10月期連結業績に与える影響は「現時点では軽微」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集