ニュース
» 2017年04月13日 15時49分 UPDATE

スマホアプリで遠隔操作:アイリスオーヤマ、エアコン発売 大型白物家電に参入

アイリスオーヤマが、大型白物家電事業に参入。スマホアプリで遠隔操作できるエアコンを4月末に発売する。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 アイリスオーヤマは4月13日、大型白物家電事業に新規参入すると発表した。第1弾としてルームエアコンを4月28日に発売する。大手メーカーの寡占市場だが、機能を絞った割安な製品で勝負する。

 発売するのは、無線LAN機能と人感センサーを内蔵した「Wi-Fi・人感搭載シリーズ」と、通常タイプの「スタンダードシリーズ」の2シリーズで、6畳用・10畳用の計4機種。単身・少人数世帯をターゲットとし、初年度は計15万台の販売を見込む。価格は6万9800円〜9万9800円(税別)。

photo アイリスオーヤマが発売するエアコン
photo 専用のアプリで遠隔操作できる

 Wi-Fi・人感搭載シリーズは、専用のスマートフォンアプリで外出先からでもエアコンの遠隔操作が可能な点が特徴だ。アプリでは、室温の確認、電源のオンオフ、モード変更、温度設定、風光・風量設定が可能。睡眠中の室温を時間経過に応じて細かく設定できる機能も備える。人感センサーは約10メートル先まで検知し、人がいない場合は省エネ運転に自動で切り替える。

photo 製品の機能とスペック

 同社家電事業部の石垣達也統括部長は、「日用品メーカーとして培ってきたノウハウを生かして、価格と機能のバランスが取れた製品を開発できた」と自信を見せる。「現在、エアコン市場は大手メーカーによる寡占状態が続いており、製品の高価格化・多機能化が進んでいる。当社は、あえて機能を絞って価格を抑えた製品を提供することで、他社との差別化を図っていく」という。

photo 睡眠中の室温もコントロールできる

 2009年に家電事業に参入し、13年に開設した「大阪R&Dセンター」(大阪・心斎橋)では大手家電メーカー出身者を積極的に採用して技術力を向上させてきた。家電事業の売上高は参入当初は約100億円だったが、炊飯器など小型家電が人気を獲得し、16年度には約485億円まで拡大。17年度は730億円の売り上げを見込んでいる。

photo アイリスオーヤマの今後の展望

 今後、エアコンの生産と、購入者向けの設置やメンテナンスは外部に委託。同社はR&Dセンターを中心に冷蔵庫・洗濯機の開発を進め、白物家電事業を本格化していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集