ニュース
» 2017年05月01日 18時10分 UPDATE

技術面の課題克服:JR東の豪華列車「四季島」運行開始 最高95万円に殺到

JR東日本が、豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」の運行を開始。

[ITmedia]

 JR東日本は5月1日、豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)」の運行を開始した。設備が充実し、手厚いサービスが受けられる点が特徴で、1人当たり45万円〜95万円という料金ながら、来年3月分まで完売する人気ぶりだ。

 初発列車は午前11時40分にJR上野駅を出発。今後、日光(栃木県)や函館(北海道)などを3泊4日かけて周遊する。このほか、塩山(山梨県)や姨捨(長野県)を周遊する1泊2日のコースなども設けている。

photo TRAIN SUITE 四季島の外装
photo TRAIN SUITE 四季島の内装

 高価格の寝台列車を運行する狙いについて、JR東日本は「新規顧客を獲得するための施策。富裕層や、旅行好き・電車好きだけでなく、訪日外国人などにも利用してもらいたい」(広報部報道グループ)としている。

photo 運行ルート(3泊4日コース)
photo 運行ルート(1泊2日コース)

 現時点で、翌年3月分までのチケットが完売。計884件の募集に対して4461件の申し込みがあり、抽選で当選者を決めた。特に応募が多かった5〜6月分は187件の募集に対して1230件の申し込みが集中し、平均倍率は約6倍に上った。

 JR東の施策が奏功し、人気を集める四季島だが、今年3月、運行開始に向けた試運転中にエンジンの不具合が相次いで発生。2度ほど緊急停止する事態となっていた。

 安全面の課題が指摘されるが、同社は「現時点では、技術面の課題は全て解決済みで、問題なく運行できる状態。今後はサービス面を向上していきたい」(同)と話す。

 JRグループでは、JR西日本が今年6月に厳島神社(広島県廿日市市)など中国・四国地方を周遊する寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運行開始を予定。グループ全体で寝台列車事業に注力していく。

photo JR西が運行予定の「トワイライトエクスプレス瑞風」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集