ニュース
» 2017年06月12日 11時21分 UPDATE

当初は220億円と予想も:富士フイルム、不適切会計による損失が375億円に拡大

富士フイルムHDが、連結子会社の不適切な会計処理に起因する損失額が375億円に拡大したと発表。当初の損失額は220億円程度になるとみられていた。

[ITmedia]

 富士フイルムホールディングス(HD)は6月12日、連結子会社の不適切な会計処理に起因する損失額が375億円に拡大したと発表した。問題が発覚した4月当初、損失額は220億円程度になるとみられていた。

photo 富士フイルムHDの公式サイト

 不適切会計問題の詳細は、外部有識者で構成する第三者委員会が4〜6月にかけて調査。調査に時間を要したため、本来は4月27日実施予定だった17年3月期の決算発表会を6月12日午後3時に延期していた(関連記事)。

photo 損失額に関する不適切開示

 調査は既に終了し、富士フイルムHDは第三者委員会から6月10日に報告書を受領している。報告書の内容は、12日午後の決算発表会で開示する予定。

業績予想は上方修正 実績値はきょう開示

 同社は12日、17年3月期通期の業績予想を上方修正。最終利益を前回予想から195億円増の1315億円になる見通しだと発表した。

 ただ、売上高は778億円減の2兆3221億6300万円、営業利益は197億減の1722億8100万円にとどまる見込み。ヘルスケア事業などの不振の影響が大きかったという。保有株式の売却で特別利益を計上したことで最終利益は上方修正する。

photo 修正後の業績予想値

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集