ニュース
» 2017年06月15日 14時05分 UPDATE

7月11日発売:「午後の紅茶」に炭酸入り新商品「ティーソーダ」

キリンビバレッジが、ソーダ入りの「午後の紅茶」新フレーバ―を7月11日から全国で発売すると発表。

[ITmedia]

 キリンビバレッジは6月13日、「キリン 午後の紅茶 TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール」を7月11日から全国で発売すると発表した。縮小が続く炭酸飲料市場の活性化を図る。

 販売するのは500ミリリットル入りのペットボトルで、希望小売価格は140円(税別)。

photo 新発売する「キリン 午後の紅茶 TEA SODA グレープフルーツ&レモンピール」

 紅茶をベースに、グレープフルーツ果汁、レモン果汁、てんさい糖を配合。カロリーは100ミリリットル当たり16キロカロリーに抑えた。「心地良い炭酸の刺激で、仕事や家事の合間の気分転換に楽しめる」という。

 キリンによると、既存の炭酸飲料には「オンタイムの気分転換には合わない」「人工的で子どもっぽいイメージがある」といった不満の声があるという。顧客のニーズを満たすために、大人向けのすっきりとした甘さに仕上げたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -