ニュース
» 2017年06月21日 12時46分 UPDATE

リーズナブルな料金に:JR西、新たな観光列車を20年までに導入 117系を改造

JR西日本が、2020年までに新たな観光列車を導入すると発表。ベースとなるのは、JR西日本の「新快速」として親しまれてきた117系だ。リーズナブルな料金体系を導入し、「瑞風」とのすみ分けを図っていくという。

[ITmedia]

 JR西日本は6月20日、2020年までに新たな観光列車を導入すると発表した。停車駅は現時点では未定だが、京阪神地区と山陽・山陰の観光地の間を周遊する予定。シニア世代や訪日外国人が主なターゲットで、車内での特産品の販売なども検討中という。

photo 117系がベースとなる

 JR西日本の「新快速」として親しまれてきた117系を改装して使用する。「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」をコンセプトに、さまざまな座席配置を設けるほか、乗客が歓談や食事で自由に使用できるフリースペースも導入する予定。

photo 新型観光列車の構造

 デザインは、えちごトキめき鉄道(新潟県上越市)の観光列車「雪月花」を手掛けたことで知られる川西康之氏が担当する。

 JR西は17年6月に、観光列車の「Twilight Express 瑞風」を運行開始するなど、観光列車事業に注力している。新たな観光列車と瑞風の違いについて、JR西の広報担当者は「瑞風は最高で1人125万円と高価だが、新型列車はリーズナブルな料金体系を導入する予定。より多くの人に気軽に旅を楽しんでもらいたい」と話す。

photo 6月に運行開始した「Twilight Express 瑞風」

 ただ、現時点では、「料金面など、詳しいことは検討中」(同)。同社は今後、詳細が決まり次第、随時発表するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集