調査リポート
» 2017年06月28日 16時05分 UPDATE

ヘビーユーザーは韓国とメキシコに:日本はゲームが1位、他の国は? スマホアプリ利用動向

世界各国のスマホユーザーはアプリの利用にどれほど時間をかけているのだろうか――米App Annie調べ。

[ITmedia]

 世界各国のスマートフォンユーザーはアプリをどれほど利用しているのだろうか。世界のアプリ市場を調査する米App Annieが発表した。

 スマホユーザーの1日当たりのアプリ利用時間を比較すると、中央値が最も高かった国はメキシコとブラジルで、約3時間。以下、インド・韓国・日本(約2時間半)、米国(約2時間)、イギリス・ドイツ・フランス(2時間未満)――と続いた。

photo 世界のスマホユーザーの1日当たりのアプリ利用時間

 アプリの利用時間が上位20%の“ヘビーユーザー”の平均値は、韓国とメキシコが最も高く、1日当たり約5時間。次いで、ブラジル・日本・インドが約4時間半だった。

 各国の傾向をみると、日本はゲームアプリの利用頻度が高く、韓国とともに1位。日本で「パズル&ドラゴンズ」や「モンスターストライク」、韓国で「Lineage 2 Revolution」の人気が高い影響もあり、ヘビーユーザーの1日当たり平均利用時間が約3時間に上った。

photo ゲームアプリの利用時間の比較

 米国とイギリスでは旅行・地域アプリの利用頻度が高い結果に。Airbnbなど民泊アプリが人気を博している影響もあり、1カ月当たりの平均利用時間は米国で約2時間、イギリスでは約1時間半を超えていた。

photo 旅行・地域アプリの利用時間の比較

 韓国とインドでは、ショッピング・ファイナンスアプリの利用頻度が高く、1カ月当たりの平均利用時間はともに約1時間半。全カテゴリーでの平均利用時間が下位にとどまっていたドイツも4位になっており、「インターネットオークションアプリ『eBay』の利用率が高いため」とみている。

 App Annieは、「今後もモバイルアプリ市場は発展を続け、2021年には世界での年間総利用時間が3兆時間を超える」と予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集