ニュース
» 2017年07月04日 15時25分 UPDATE

返礼品競争が過熱:ふるさと納税が過去最高、前年比1.7倍の2844億円

総務省は2016年度のふるさと納税の寄付額が過去最高の約2844億円に達したと発表。最も多くの寄付が集まったのは都城市で2年連続。

[ITmedia]

 総務省は7月4日、2016年度のふるさと納税の寄付額が過去最高の約2844億円に達したと発表した。対前年比でおよそ1.7倍増えた。寄付件数も同1.8倍の約1271万件となった。

2年連続で寄付額がトップだった宮崎県都城市(出典:宮崎県都城市のふるさと納税特設サイト) 2年連続で寄付額がトップだった宮崎県都城市(出典:宮崎県都城市のふるさと納税特設サイト)

 ふるさと納税の増加理由について、「返礼品の充実」や「ふるさと納税の普及、定着」と回答した団体が多かった。実際、返礼品を送付しているのは1684団体と全体の9割を超えた。また、現在は返礼品を送付していない104団体のうち43団体も今後は送付を検討中と回答した。

ふるさと納税の寄付額および寄付件数 全国計(出典:総務省) ふるさと納税の寄付額および寄付件数 全国計(出典:総務省)

 ふるさと納税の寄付額が最も多かったのは、宮崎牛などを返礼品とする宮崎県都城市で73億3300万円。前年から約31億円増えて2年連続でトップだった。2位は液晶テレビなど家電の返礼品が人気だった長野県伊那市で72億500万円(前年度8位)、3位は地元水産品などを返礼した静岡県焼津市で51億2100万円(同2位)となった。

 ふるさと納税については、家電や貴金属、商品券といった換金性の高いものや高額品などを返礼品にして、より多くの寄付を募ろうとする自治体間の競争が過熱化しており、総務省は各自治体に内容の見直しを求めている。今年4月1日には返礼率を3割以下にするよう通知している。

寄付額の上位20団体(出典:総務省) 寄付額の上位20団体(出典:総務省)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集