ニュース
» 2017年07月05日 06時00分 UPDATE

ハワイ州観光局が公認:マクドナルドなど3社「ロコモコ」で異例コラボのわけ (1/2)

日本マクドナルド、すかいらーく、ローソンは7月11日にハワイの地元料理「ロコモコ」をテーマにした商品を一斉発売する。この3社が合同で販促キャンペーンを実施するのは異例。その背後にはハワイ州観光局の狙いもあった。

[伏見学,ITmedia]
日本マクドナルドの「ロコモコ」シリーズ 日本マクドナルドの「ロコモコ」シリーズ

 日本マクドナルド、すかいらーく、ローソンの3社は7月11日にハワイの地元料理「ロコモコ」をテーマにした商品を一斉に発売する。時として競合相手になる外食、小売・流通大手のコラボレーションによる販促キャンペーンは“異例”。背後にはキャンペーンを主導するハワイ州観光局の思惑もあり、日本の消費者にハワイの魅力をアピールすることで伸び悩む観光客の増加を図る。

 各社がロコモコの新メニューを開発し、その商品をハワイ州観光局が公認。その中で日本マクドナルドのハンバーガー「ロコモコ」「夏カレーロコモコ」「チーズロコモコ」、すかいらーくが運営するファミレスチェーン・ガストの「チーズ IN ロコモコボウル」、ローソンの「からあげクン ロコモコ デミグラスソース味」については「LOCOMOCO ALLSTARS」と銘打った。

 価格はロコモコが単品で390円(税込)、チーズ IN ロコモコボウルが799円(税別)、からあげクン ロコモコ デミグラスソース味が216円(税込)。

 そのほか、日本マクドナルドのハンバーガー「チーズロコモコマフィン」、炭酸飲料の「マックフィズ ブルーハワイ」「マックフロート ブルーハワイ」、ローソンの「ロコモコ風生パスタ」「和風ロコモコサラダ」「ロコモコ風ハンバーグパン」も公認を受けた。

ハワイ州観光局のエリック高畑局長(左から1人目)や3社のトップがキャンペーンをアピール ハワイ州観光局のエリック高畑局長(左から1人目)や3社のトップがキャンペーンをアピール

夏の定番バーガーに

 日本マクドナルドとハワイ州観光局の接点は2年前にさかのぼる。2015年2月からハワイ州観光局の公認メニューとして、「ロコモコバーガー」のほか、「ハワイアン バーベキューポーク」「ハワイアン パンケーキ ミックスベリー」「パイナップルパイ」「マックシェイク バナナ」を順次販売した。16年5月にもロコモコバーガーを期間限定で発売。

 今年で3回目となるロコモコバーガーについて、日本マクドナルド メニューマネジメント部の若菜重昭上席部長は「(秋の「月見バーガー」や冬の「グラコロ」のように)夏の定番メニューになれば」と話す。

「マックフィズ ブルーハワイ」(中央) 「マックフィズ ブルーハワイ」(中央)

 ローソンも16年からハワイ州観光局公認ウォーター「ハワイアンスプリングス」を首都圏の「ナチュラルローソン」で販売した実績がある。

 ローソン自身、ハワイとの繋がりは深い。91年から年に2度、全国のフランチャイズ店舗が10年間の契約を終え、次の10年も契約を更新した際に、そのオーナーと家族などをペアでハワイに招待するツアーを実施している。「先日もオーナーたち400人とハワイに訪れた。これで累計1万人に上った」と同社の竹増貞信社長は語る。また、現在ハワイに「シェラトン・ワイキキ店」と「モアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパ店」の2店舗を構える。

からあげクン ロコモコ デミグラスソース味 からあげクン ロコモコ デミグラスソース味

 すかいらーくは過去にハワイ州観光局との取り組みはなかったが、今年6月にハワイ料理専門店「La Ohana(ラ・オハナ)」を横浜・本牧にオープン。ガストでも6月15日からハワイアンフェアを開催中と“ハワイ推し”だ。

 すかいらーくの谷真社長兼CEOは「ロコモコはガスト創業時から提供する『目玉焼きハンバーグ』と親和性が高い。さらに今回のキャンペーンメニューは、年間1000万食売れる人気商品『チーズ IN ハンバーグ』を日本人向けにアレンジした」と自信をのぞかせる。

チーズ IN ロコモコボウル チーズ IN ロコモコボウル

 ハワイ州観光局のエリック高畑局長は「これまでは個々の企業で取り組んでいたものの、一緒にやることでアピール力はさらに増す」と今回の3社連携の意義を強調する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集