ニュース
» 2017年07月05日 15時15分 UPDATE

「楽天ポイント」は終了:サークルK・サンクス、8月から「Tポイント」に対応

サークルK・サンクスが8月1日から「Tポイント」に対応する。ファミリーマートへのブランド転換に向け、ポイントサービスを統合する狙い。「楽天スーパーポイント」は17年9月末でサービスを終了する。

[ITmedia]

 ファミリーマートは7月5日、サークルK・サンクスが8月1日から「Tポイント」に対応すると発表した。同日から、店舗で「Tポイントカード」を提示するとTポイントがたまるほか、ためたポイントを使用した買い物が可能になる。

 10月1日からは、クレジットカードやVisaデビットカード機能を持つ「ファミマTカード」会員向けに、商品の割引率やポイントの付与率が上がるサービスを開始する。

photo サークルKサンクスの公式サイト

 サークルK・サンクスは、2018年夏までに全店舗をファミリーマートブランドに転換することが決定しており、転換に向けて両ブランドのポイントサービスを統一する狙い。これまでサークルK・サンクスで使用していた「楽天スーパーポイント」は17年9月末に対応を終了する。

 ファミリーマートでの1カ月間の買い物金額に応じて翌月のポイントレートが変わる「ファミランク」、毎週水曜日に女性会員のポイント付与率を2倍にする「レディースデー」などのファミマTカード会員向けサービスはサークルK・サンクスでは提供せず、ブランド転換後を予定している。

photo ファミリーマートによる発表

 ファミリーマートは「現在運営中の約1万8000店から取得したデータを活用し、より顧客に合わせたきめ細かなサービスを提供していきたい」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集