連載
» 2017年07月28日 07時37分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:上西議員のツイート、海外メディアの幹部が驚いた2つのこと (1/3)

上西小百合議員のツイートが、炎上商法ではないかと疑念を向けられ、世間から大きなひんしゅくを買っている。サッカーJ1リーグ、浦和レッズのサポーターと激しい火花を散らし合ったわけだが、海外メディアの幹部はこの事態をどのように見ているのか。

[臼北信行,ITmedia]

 浪速のエリカ様の暴走が“炎上商法”と疑念を向けられ、世間から大きなひんしゅくを買っている。自身のTwitterを通じてサッカーJ1リーグ・浦和レッズのサポーターと激しい火花を散らし合った上西小百合衆院議員のことだ。

 事の発端は7月15日。浦和レッズが埼玉スタジアムで行われたドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントとの親善試合で2ー3と逆転負けを喫した後に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と突然ツイート。だがこれが浦和レッズのサポーターを筆頭としたサッカーファンたちの怒りを買い、ネット上で猛烈なバッシングを受けた。

 ところが上西議員は謝罪するどころか、その直後に「何かブーブー言ってる」「(浦和の次の試合は)調べたら次はヤンマースタジアムだった。埼玉スタジアムならゴール裏行くのに」などと逆に浦和サポーターを挑発するような行動に出た。

 さらには「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と議員らしからぬ荒々しい暴言をまじえ、サポーターを小バカにするようなツイートまで展開。これに怒りを募らせた浦和サポーターと見られる人物から殺害予告が届き、19日には上西議員側が警視庁麹町署に被害届を提出する騒ぎにまで発展した。

 そして22日には自称、浦和ファンの人物が大阪府吹田市にある上西議員の事務所に乱入。その後、上西議員が激怒して「くたばれレッズ」と再びツイートで挑発を重ねて大炎上し、今日に至っている。

 ちなみにこの騒動の最中、上西議員の事務所側は騒動の鎮静化を図ろうと浦和のクラブ側に面会を申し入れていたが、先方からやんわりと断られている。これに対しても上西議員はTwitterで「日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」「話をしないというのは怠慢です」「百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね」などと批判のオンパレードを並べていた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集