ニュース
» 2017年09月21日 19時48分 公開

マツダ「キャロル」も:スズキ「アルト」など26万台リコール 防水機能に不具合

スズキが「アルト」など約26万5000台をリコール。

[ITmedia]

 スズキは9月21日、軽自動車「アルト」などで外部からの水がフロントワイパーのモーター内に侵入し、内部が腐食するおそれがある不具合が見つかったとして、2009年12月〜12年12月に製造した計約26万5000台のリコールを国土交通省に届け出た。

photo 不具合が起きている部分=ニュースリリースより

 リコール対象の内訳はアルトが約23万2000台、スズキがマツダにOEM供給した「キャロル」が約3万3000台。

 フロントワイパーのモーターの防水構造が不適切であったため、外部からの水が内部に侵入しやすくなっているという。使用を続けると腐食が進行し、ワイパーが作動しなくなるおそれがあるとしている。

 国交省によると、これまでに127件の不具合が報告されているという。

 スズキは今後、対象となる全車両のワイパーモーターを対策品と交換するなどの対応を行う予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集