ニュース
» 2017年10月05日 16時07分 公開

好況相場も後押し:任天堂、株価堅調 復刻「ミニスーファミ」発売追い風

任天堂の株価が堅調に推移。復刻「ミニスーファミ」の発売も追い風に。

[ITmedia]

 任天堂(東証1部)の株価が堅調に推移している。10月5日の株式市場では、午前10時台に530円高の4万2550円を付けた。その後やや戻したものの、終値は前日比520円高(+1.24%)の4万2540円だった。9月19日には9年ぶりに株価が4万円台に回復。円安など相場の好況も後押ししている。

「ミニスーファミ」発売も追い風になり、株価が堅調に推移
任天堂の株価(=Yahoo!ファイナンス)

 5日には、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(ミニスーファミ)を発売。1990年11月に発売した「スーパーファミコン」の復刻版で、「スーパーマリオワールド」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」など21タイトルをデジタルコンソールで収録した。予約が殺到していたが、生産体制の強化が奏功してか、予想よりも品薄感がないスタートを切っている。

 業績をけん引する家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」も引き続き好調。品薄状態が続いているが、予約注文の受け付けを開始するなど、供給体制の強化に力を入れる。累計販売台数は全世界で470万台(7月時点)を突破している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集