ニュース
» 2017年11月14日 12時40分 公開

売上金も仕様変更:メルカリ、初回出品時「本人登録」必須に

フリマアプリ「メルカリ」が12月上旬に仕様変更。初回出品時の本人情報登録を必須とするほか、売上金の振り込み申請期限、売上金を使った商品購入手順が変わる。

[ITmedia]

 メルカリは11月14日、12月上旬にフリマアプリ「メルカリ」の仕様を変更すると発表した。初回出品時の本人情報登録を必須とするほか、売上金の振り込み申請期限、売上金を使った商品購入手順を変更する。「より安心・安全にご利用いただくため、この度の仕様変更に至った」という。

フリマアプリ「メルカリ」が仕様変更

 本人情報登録はこれまで、売上金の振り込み申請時に行っていた。新仕様では、初回出品時に住所・氏名・生年月日の登録が必須となる。

 登録した本人情報と売上金の銀行口座名義が一致しない場合(家族名義の銀行口座、婚姻等による改姓を除く)、売上金は引き出せなくなる。過去に出品経験があるユーザーも、本人情報が未登録の場合登録が必要となる。「盗品をはじめとした不正出品を抑止するとともに、警察・捜査機関とより早期からの連携が可能になる」という。

これまでのメルカリの出品の仕組み。新仕様では初回出品時に本人情報登録が必須になる

 売上金の振り込み申請期限は、従来の1年間から90日間に変更。振り込み申請期限までに売上金が利用されない場合、登録した銀行口座に自動的に振り込まれる。また、従来は売上金を使用して直接商品を購入できたが、1ポイント=1円のポイントと交換する手順が必要になる。

 ユーザーの売上金をメルカリの自社資産と切り分けて保全するためという。メルカリはこれまで、ユーザーの売上金を別口座で管理していたというが、仕様変更により「引き出し期間を短縮するとともに、資金決済法で定める前払式支払手段発行者として登録を行い、今後発行するポイントについても必要な保全策を講じていく」としている。

 出品の容易さや売上金利用の利便性は、メルカリの大きな強みだった。その一方で、不正出品問題や売上金保全に絡んだ資金決済法の問題がメルカリの株式上場を阻む大きな要因となると見られている。12月上旬予定の仕様変更を、ユーザーがどのように受け止めるのか注目したい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集