特集
» 2017年11月22日 11時00分 公開

HR Tech最前線:採用現場で「AI面接官」は普及するのか (1/4)

ソフトバンクがエントリーシート(ES)選考にAIを活用するなど、採用業務の自動化が着々と進んでいる――。実は、こうした動きはESだけでなく「人がやるもの」と考えられてきた面接業務にも及んでいる。AI面接官「SHaiN」(シャイン)を開発したタレントアンドアセスメントの山崎社長に話を聞いた。

[鈴木亮平,ITmedia]

〜人財を見つける・育てる「HR Tech最前線」〜:

 人事における採用・配置・評価・管理といった業務をテクノロジーで最適化する「HR Tech」が加速している。HR Techは人事業務をどう変革し、そして企業の成長にどう寄与するのだろうか。本特集では先進企業の事例を紹介し、HR Techの“いま”をお伝えする。


 最近、採用業務のデジタル化が急速に進んでいる。例えば、ソフトバンクは2017年5月、新卒採用のエントリーシート(ES)の評価に米IBMのAI(人工知能)「Watson(ワトソン)」を活用すると発表した。

 過去のES選考のデータを学習したワトソンが合否判定をしており、これまでES処理に掛かっていた時間を75%も削減したという。

 実は、こうした採用の効率化の動きはESだけでなく、「面接」にも及んでいる。採用支援事業を展開するタレントアンドアセスメントは今年8月、AIを活用した採用面接サービス「SHaiN」(シャイン)リリースした。

 スマートフォンやソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を通じて面接を自動で行うことができ、受験者の資質を分析してくれるという。「リリース直後から大手企業や行政(市役所)などから引き合いがくるなど、滑り出しは好調」(同社)のようだ。

 着々と進む採用業務の自動化――。「人がやるもの」と考えられてきた面接業務もAIが担う時代が来るのだろうか。タレントアンドアセスメントの山崎俊明社長(以下、敬称略)に「AI面接」のメリットやニーズについて話を聞いた。

photo 面接もAIが行う時代?
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集