ニュース
» 2017年12月08日 17時30分 公開

一時販売休止で検索増加:「ピザポテト」、2017年のメルカリで“検索急上昇”

メルカリが2017年の「トレンドワード」を発表。前年と比較して検索数が急上昇したワードのランキングで1位となったのは「ピザポテト」。ジャガイモ不足による販売休止の影響が大きかった。

[ITmedia]

 メルカリは12月8日、運営するフリマアプリ「メルカリ」内で検索されたワードのうち、前年と比較して検索数が急上昇した「トレンドワード」を発表した。1位はスナック菓子の「ピザポテト」。4月に北海道産ジャガイモの収穫量減少の影響から販売休止が発表された直後、メルカリでの検索が増加したという。

1位は「ピザポテト」

 トップ10は以下。

  1. 「ピザポテト」 スナック菓子
  2. 「スーパーファミコン ミニ」(ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン) 家庭用ゲーム機
  3. 「SECOND UNIQUE NAME」 iPhoneケース
  4. 「xmagic」 iPhoneケース
  5. 「ハーバリウム」 インテリア雑貨
  6. 「switch」「スイッチ」(Nintendo Switch)家庭用ゲーム機
  7. 「カール」 スナック菓子
  8. 「プレイステーションVR」(PlayStation VR) 家庭用ゲーム機
  9. 「スカイピース」 YouTuber
  10. 「モアナ」(モアナと伝説の海) 映画
トップ10のランキング

 2位、6位、8位に家庭用ゲーム機がランクイン。特にSwitchは品薄状態が続いているため、発売当初からアプリ内での検索が多いという。またiPhoneケースも人気が高く、メルカリは「若年層女性はファッション感覚で頻繁にスマートフォンのケースを変えることが多く、『メルカリ』内でも普段から人気の高いカテゴリーとなっています」と分析している。

 「メルカリ」内で1月1日〜11月30日に検索されたキーワードのうち、2016年の同検索数との差が大きいものを抽出した。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集