ニュース
» 2017年12月13日 13時29分 公開

2度目の「お色直し」終える:アサヒビール“金のオブジェ”復活 鮮やかな色よみがえる

東京・浅草のシンボルとして親しまれている“金のオブジェ”の塗り替え工事がほぼ完了。鮮やかな金色に生まれ変わった姿が見られるようになった。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 東京・浅草のランドマークの1つ、アサヒグループホールディングス(HD)本社ビル隣の「スーパードライホール」屋上に輝く“金のオブジェ”。9月下旬から進めていた塗り替え工事がほぼ完了し、12月半ばにシートが取り払われ、鮮やかな金色に生まれ変わった姿が見られるようになった。

photo 鮮やかな金色に生まれ変わった“金のオブジェ”

 正式名称は「フラムドール」(フランス語で「金の炎」)。創業100周年を記念し、1989年に作られた。フランスの著名デザイナー、フィリップ・スタルクさんがデザインを手掛けたことでも知られる。大きさは44(全長)×14(全高)メートル、重さは約360トン。

 11月半ばにオブジェがシートで覆われた際、Twitter上では「消えた」と騒動に。「茶色く塗り直されるのでは」「2020年東京オリンピックに向けて景観を保つため、撤去されたのでは」――とさまざまな臆測が飛び交った。

photo 吾妻橋の上から見た“金のオブジェ”

 アサヒグループHDは「05年に最初の塗り替えを行ってから10年以上が経過し、色あせている部分が増えたため、再び塗装することにした」(広報担当者)と説明。「特殊な塗料を採用し、汚れが付着しにくい『セルフクリーニング機能』も強化した。オリンピックに向け、たくさんの人に見てもらいたい」とした。

photo 「スーパードライホール」下から見た“金のオブジェ”。下部に足場が残されている

 12月13日現在、オブジェ下部に足場が残されているものの、Twitter上では再び話題になっている。アサヒグループHDによると、足場が全て撤去され、オブジェ全体が見られるのは15日の予定。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集