ニュース
» 2017年12月20日 19時18分 公開

2018年3月17日から:「Suica」「PASMO」オートチャージ、「出場時」にも対応

「Suica」と「PASMO」が出場時のオートチャージに対応。2018年3月17日から。

[ITmedia]

 JR東日本とPASMO協議会は12月20日、「Suica」「PASMO」のオートチャージサービスが2018年3月17日から改札出場時にも対応すると発表した。

「Suica」「PASMO」が出場時にもオートチャージ対応

 オートチャージとは、SuicaやPASMOのカード内残額が設定金額以下になった場合、駅の自動改札機にタッチすることで一定額がチャージ(入金)されるキャッシュレスサービス。これまでは改札入場時のみオートチャージに対応していたが、鉄道での長距離移動や改札内での買い物によって残額が運賃に足りなくなると、出場時に改札で止まってしまうことがあった。

 18年3月17日からは、出場時に運賃を差し引いた後のカード内残額が設定金額を下回る場合、オートチャージを実施する。すでにオートチャージサービスを設定しているカードであれば追加の申し込みは必要ない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -