ニュース
» 2018年01月15日 12時53分 公開

カード会員向けに新アプリ:東北のドラッグストアチェーン、歩数計アプリで販促

東北地方でドラッグストア239店舗を展開する薬王堂が会員向けに新たなスマートフォンアプリ「歩いてマイル」を提供する。店舗での商品購入を促したい考えだ。

[ITmedia]
スマホアプリ「歩いてマイル」のDL画面 スマホアプリ「歩いてマイル」のDL画面

 東北5県でドラッグストア239店舗を展開する薬王堂が会員向けに新たなスマートフォンアプリを提供する。1月16日からサービスを開始する。

 アプリ名は「歩いてマイル」。現在110万人前後の登録がある薬王堂のWA!CA(ワイカ)ポイントカード会員が同アプリを使って歩くと「わいわいマイル」が貯まる。貯まったマイルは薬王堂の公式アプリ(現在Android版のみ、iOS版は2月1日リリース予定)において店頭での買い物クーポンに交換できる。ユーザーが楽しくウォーキングを継続できることが狙いだとしている。

 わいわいマイルが貯まる仕組みはこうだ。ユーザーは「歩いてマイル」のアプリ上で1万歩、3万歩といったコースを選択(自動選択の場合もあり)。コースの中には歩数に応じて複数のチェックポイントがあり、そこを通過するたびに宝箱をもらえる。ゴールすれば宝箱を開けてマイルを手に入れることができる。宝箱は金、銀、ノーマルの3ランクで、ノーマルの場合、1〜5マイル程度だという。

 マイル数に応じて公式アプリでクーポンに交換できる。クーポンは店頭で販売する商品にひもづいており、クーポンに記載された商品を購入するとWA!CAポイントが貯まる。

貯めたマイルをクーポンに交換 貯めたマイルをクーポンに交換

 歩いてマイルは、ドコモ・ヘルスケアとDeNAライフサイエンスが提供するdマーケット向けコンテンツ「歩いておトク」を応用して開発したもの。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -