ニュース
» 2018年02月16日 18時22分 公開

「プロ野球」も手中に:スポーツ中継の“黒船”DAZNが日本市場を制覇するのか (1/2)

DAZNが、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合をライブ配信する。残る読売ジャイアンツとも交渉中という。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 「日本市場参入から1年半。序章は終わり、さらに1段階進む時が来た」――英Perform Groupで、スポーツの動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」事業のCEO(最高経営責任者)を務めるジェームズ・ラシュトン氏は、2月16日開いた会見でこう話した。

photo DAZNのジェームズ・ラシュトンCEO(=右)。左は大崎貴之バイスプレジデント

プロ野球11球団のライブ配信に対応、巨人とも交渉中

 DAZNは同日、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。セントラル・パシフィック両リーグのうち、読売ジャイアンツを除く11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合を2月24日からライブ配信する。

 うちセ・リーグの放映権は、5月の終了が決まっているソフトバンクの動画配信サービス「スポナビライブ」から受け継いだもの。パ・リーグは、DAZNがリーグや各球団と独自に交渉した。

 DAZNの大崎貴之バイスプレジデントによると「合意のめどについてはコメントを控えるが、巨人軍とも交渉している」という。

photo プロ野球を手中に収めたと語るラシュトンCEO

国内市場で独走態勢

 16年8月に突如として日本市場に参入し、Jリーグの放映権を競合の「スカパー!」から奪ったことから“黒船”とも称されるDAZNだが、新たに「スポナビライブ」からプロ野球の放映権までも獲得。2つのキラーコンテンツを手中に納め、国内市場の“制覇”にさらに近づいた形だ。

 ラシュトンCEOは「『日本での動画配信サービスは、欧米ほど浸透していない』という声をよく聞くが、私はそうではないと考える。DAZNのラインアップと品質は“ベスト”。今後も適切な料金でサービスを提供すれば、日本の消費者はついてくると信じている」と自信を見せる。

「B.LEAGUE」に対応も、ソフトバンクとの連携は不明な点も

 国内スポーツではこのほか、18年から国内男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」の放映権も獲得している。ただ、同リーグのトップパートナーを務めるソフトバンクは「スポナビライブ終了後も配信を継続する」と2月8日に発表。その後は具体的な声明を出していない。

 報道陣から今後のソフトバンクとの連携や役割分担について問われたラシュトンCEOは、「コメントできる立場にない」と話した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -