ニュース
» 2018年02月20日 17時16分 公開

各社のスタンスが鮮明:今度のコーヒーマシンは25秒 ローソンが最速 (1/2)

ローソンがコーヒーの新型マシンを導入すると発表した。最速の抽出時間を実現するローソンに対して他社はどう対抗するのか。

[昆清徳,ITmedia]

 ローソンは2月20日、コーヒーの新型抽出マシンを導入すると発表した。新店や看板替え店舗にはすでに導入しているが、2018年9月から既存店でも順次切り替える予定だ。21年度には約1万4000店への導入を目指す。現在、ホットコーヒー(S)はボタンを押してから抽出が終わるまで約40秒かかっている。新型マシンを導入することで約25秒に短縮される。

 レギュラーサイズのホットコーヒー抽出時間はセブン-イレブンとファミリーマートでともに約45秒だ。これまでの最速記録はJR東日本系のNewDaysで約35秒だったが、新型マシンの導入によってローソンが最速となる。

photo ローソンが導入する新型マシン(提供:ローソン)

大手3社で異なるアピールポイント

 大手コンビニが提供するコーヒーの販売数は右肩上がりで増えている。セブン-イレブンは17年2月から18年2月にかけて昨年比1億杯増の約10憶杯を見込んでいる。ローソンでも販売量は年々増えているという。

 コンビニにとってコーヒーは店舗に立ち寄ってもらうきっかけになるだけでなく、パンやサンドイッチなどのついで買いにつながる重要な商品だ。各社とも豆や抽出方法の改良には日々取り組んでいるが、ローソンの発表でアピールポイントの違いがより明確になってきた。

 セブン‐イレブン・ジャパンは2月9日にセブンカフェの刷新を発表した。よりリッチな味わいを実現するために豆の使用量を約1割増量する。他の大手2社がフラッペやアイス抹茶ラテなどを提供するなか、同社は提供する商品をコーヒーとカフェラテだけに絞っているのが特徴だ。

 ファミリーマートの広報担当者は「加工乳ではなく生乳100%の濃厚なミルクを使用したカフェラテを提供している。この点が他社にはないこだわりだ」と解説する。

photo 大幅刷新するセブンカフェ(出所:プレスリリース)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集