ニュース
» 2018年02月23日 19時03分 公開

2020年代早期に実用化へ:日産とDeNA、「Easy Ride」テスト開始 自動運転車が横浜走る

日産自動車とDeNAが、自動運転車にモニターを乗せて一般道を走行する実証実験を横浜で行うと。共同開発中の交通サービス「Easy Ride」の現状確認・評価が目的。2020年代早期の実用化を目指すとしている。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は2月23日、自動運転車にモニターを乗せて一般道を走行する実証実験を横浜市内で行うと発表した。共同開発中の無人運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の現状確認・評価が目的で、モニターから得た意見を改善につなげ、2020年代早期の実用化を目指すとしている。

photo 実証実験で使用する自動運転車

 実験の開催期間は3月5〜18日で、日産グローバル本社と商業施設「横浜ワールドポーターズ」を結ぶ計約4.5キロを往復運行する予定。公募で選ばれた約300組の一般モニターが参加する。

 実験車両には周囲の環境を認識するセンサーやカメラを多数搭載し、発車・停車や歩行者の回避などを自動で行う。

photo 各種センサー・カメラの位置

 道路交通法で運転者がいない状況での車両操縦が禁じられているため、モニター以外のスタッフも同乗するが、基本的にはハンドル・ブレーキなどには触れないという。

 走行速度は時速約40キロ。馬車道付近に遠隔管制センターを仮設し、運営側は車両の状況や位置をリアルタイムで確認。安全性を確保するという。

スマホアプリと連動、クーポンも発行

 実験では、専用のスマホアプリも配布する。起動すると「何しに行く?」などと表示され、モニターは行きたい場所を指定できる。口頭・テキストで「やりたいこと」を入力することも可能だ。

 システム側が要望を認識すると、ニーズに即したイベントやお勧めスポットの情報(全500件)を車載のタブレットに表示する仕組みで、近隣の飲食店で使える割引クーポンも発行するという。

ALTALT アプリの画面イメージ

  モニターの降車後にアンケートを実施し、(1)乗車中・乗降時の利便性、(2)店舗と連動したサービスの利用状況、(3)実用化した場合の想定利用価格――などを調査する。

 DeNAは「実用化後は、駅からの2次交通、市街地での移動手段、子どもの塾通いなどに幅広く使ってもらいたい」と説明。「ビジネスモデルは、乗客から運賃を得る方法と、提携店舗から費用を得る方法の2パターンを検討している」(広報部)という。

 両社は実験終了後、運行ルートの拡充や多言語対応、配車方法の整備などを推進する予定。今後も定期的に実験を行う計画もあるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -